武 豊の名言 たけ ゆたか

武 豊【たけ ゆたか】Wikipediaより

ぼくの仕事は、勝って褒められるか、
負けてブーブー言われるかのどっちかでしょう。
始める前に、結果が出たあとのことを
とやかく考えたって仕方がないじゃないですか。
ぼくは、考えなくてもいいことは、
ホントにぜんぜん考えない。
単純なんですよ

武 豊 たけ ゆたか Yutaka Take

日本中央競馬会(JRA) の騎手 1969〜


とかく人間は、思考を使いすぎて、
自らが苦悩しているケースが多くなっています。

また、能力の発揮には、
思考は大敵ですが、
それにも、気づいていないケースも多いですね。

思考は万能に見えるので、
教育も社会環境も、
思考偏重の世界になっているのが、
人間界でしょう。

確かに思考は、
様々なことに使えますから、
これに慣れてしまえば、
ついつい使ってしまうのも、
致し方ないのですが。

そもそも、万能だと思って、
使っていることが、
人間の進化を妨げている、
大きな要因でしょう。

小さく見れば、
思考は万能に見えますが、
能力などでも、全てを上手くやろうとすると、
どれも中途半端になって、
何もなし得ないのと同じように。

思考で全てを賄おうとすると、
何も成し遂げられずに終えてしまうと、
考えた方がいいでしょう。

まずは、どうにもならないこと、
どうでもいいことに、思考を使うことから、
手放していくことですね。

そして、思考と思感の違いを認識して、
上手に使い分けていくことが、
できるようにしていくことです。

どうぞ、思考が全てではないこと、
思感は思考を使うのと同じように、
誰にでも簡単に使えるものだということを、
学び、理解、体得していってください。

思感の活用方法を身につけていかなければ、
人間界の進化は、なかなか実現していきません。

事の成就、能力の開発など、
あらゆる場面で、思考より、
思感に委ねた方が、遥かにクオリティが高くなることを、
日々実感していってください。

武さんの、こんな言葉もありました。

昨日の僕より上手に乗れるようになっていたい。


日本でトップになっても、
それは『日本一』でしかない。


以前紹介した、武さんの言葉です。

「負けたらどうしよう」ではなく、
「勝ったらどうしよう」とだけ考える。
そして、他人の期待より、
自分自身に対する期待を大切にする。

https://goo.gl/CVnf9U


(浜本哲治)


「勝つ」ための思考法~続・勝負師の極意~