フセーヴォロド・ガルシンの名言 Vsevolod Mikhajlovich Garshin

フセーヴォロド・ガルシン(Vsevolod Mikhajlovich Garshin)Wikipediaより

俺たちの一生を台無しにするのは、
運なんて言うものじゃない。
人間なんだ。

フセーヴォロド・ガルシン Vsevolod Mikhajlovich Garshin

ロシアの小説家 1855〜1888


そして、その人間は自分自身ですね。

機会は、常に目の前を通り過ぎています。

それに気づき、アクションを起こせるかどうか、
起こすかどうかは、全て自分次第です。

また、誰に何を言われようと、
どんなに影響を受けても、
その行動の決断をするのは、
全て自分自身ですね。

環境や運などのせいにしがちですが、
人生の全ては、自分の決めた通り、
思った通りになっています。

至極当然なことなのですが、
ここのところを、真に理解、体得していないと、
自然界の人生では、不自然なストレスを、
抱えてしまうことが多くなるでしょう。

そして、どんなに奇跡的なことでも、
自分の中にその原因があり、
放ったエネルギーによって引き寄せています。

逆もまた然りで、
全ては自分が起こしている必然です。

起こるべくして起こっていることには、
意味と価値があり、
その全ては、最高のタイミングで
最高のことが起こっています。

それを、どう捉えて、
どういう決断をしていくかだけです。

起こることは道標ですから、
進むべき方向を気づかせようとしているだけです。

台無しな人生にするか、
最高の人生にするかは、
全てあなた次第だという、
自然界の真理にはいち早く気づき、
全ての遭遇した現象を、
夢の実現のために生かしていってください。

ガルシンさんの、こんな言葉もありました。

この世の中に、人間ほど凶悪な動物はいない。
オオカミは共喰いをしないが、
人間は人間を生きながらにして丸飲みする。


(浜本哲治)


紅い花 他四篇 (岩波文庫)