徳川 家康の名言 とくがわ いえやす

徳川 家康【とくがわ いえやす】Wikipediaより

願いが正しければ、時至れば必ず成就する。

徳川 家康 とくがわ いえやす Ieyasu Tokugawa

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名 江戸幕府の初代征夷大将軍 1543〜1616


確実に早く実現していく正しい願いとは、
自然に沿ったものですね。

今の人間界に横行している、
手段などを目指していくような、
人間界のローカルルールと言えるものを、
目指していると、とても事の成就は難しくなります。

これは、今の人間界で、
多くの人が苛まれていますね。

自然界で目指すべき事の成就、夢を目指していれば、
目指すことを止めない限り、
必ず実現していきます。

それも必然的な形で、
最高のタイミングで、
どんどん実現していくことになります。

この自然界の大切な原理に、
気づき、実践していけるかどうかは、
本当に大切なことですね。

人間界では、本末転倒なことが多いです。

得られる、与えられるものが同じでも、
目指していくものが違えば、
とても簡単であったり、
非常に難しいものになったりもします。

モノや能力などを得たり、
何かになったりすることは手段です。

自然界で目指すべきものは、
大切な人の幸せを実現していくこと。
どこまで深い幸せを届けるか、
どれほどの人に届けるかです。

私はお会いした方々に、
よく夢を聴きますが、
まだまだ、手段を目指して、
苦悩している人は、本当に多いですね。

とっても簡単なことなのですが、
これができずに、苦労している人は多いです。

目指すものを変えるだけで、
その実現力が全く違ってくることを、
ぜひ、日々体感していってください。

以前紹介した、家康さんの言葉です。

人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくが如し。
急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。
心に望み起こらば、
困窮したるときを思い出すべし。
堪忍は無事長久の基。
怒りは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば、
害その身に至る。
己を責めても人を責めるな。
及ばざるは過ぎたるより勝れり。

https://goo.gl/mQ9eMw


(浜本哲治)


徳川家康(1) 出生乱離の巻 (山岡荘八歴史文庫)