徳富 蘇峰の名言 とくとみ そほう

徳富 蘇峰【とくとみ そほう】Wikipediaより

大局さえ見失わなければ大いに妥協してよい。

徳富 蘇峰 とくとみ そほう Soho Tokutomi

ジャーナリスト 思想家 歴史家 評論家 1863〜1957


徳富さんの、こんな言葉もありました。

世にも強きは自ら是なりと信ずる心なり。


大切なことは、
真の夢を実現していくことで、
そのために、どんな道を通るかは、
それほど大きな問題ではありません。

無限に可能性のある自然界では、
目指す地点に至る道は、無限にあります。

これを、ひとつの道や価値観に囚われていては、
どんどん、たどり着ける可能性が低くなっていきます。

人間は、習慣や思い込みが、
言動を支配しすぎる傾向にある存在です。

無理にひとつの価値観に縛られたり、
ひとつの手段や、過程、道に拘っては、
早晩行き詰まってしまうことは、
誰もが経験していることでしょう。

強い思い込みも大切なのですが、
それは、柔軟性や変化すること、
自然に沿っていることがあってこそ、
初めて有益なものになっていきます。

本末転倒が多い、人間界ですが、
ぜひ、大局を、真の夢をイメージし目指し、
囚われることなく、最短、最速で至ってください。

その体感を常々実践していくことが、
身の回りから、多くの存在に伝播していきます。

一人ひとりの囚われや固執のないアクションが、
必ず全体を進化に向かわせます。

あなたの素晴らしい才能を、
思い込みや習慣、囚われで、
埋もれさせることなく、
本来の輝きを与えてください。

徳富さんの、その他の言葉です。

人の一生に、最も大切なるは、安心也。
百歳の寿命も、一日の安心には、代え難し。
安心なければ、生活の甲斐なき也。


得意の絶頂は油断の崖端であった。


眠るは起きんがためなり、
休息するは労作せんがためなり。


以前紹介した、徳富さんの言葉です。

人生は一種の苦役なり。
ただ不愉快に服役すると
欣然として服役するとの相違あるのみ。

http://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?837


(浜本哲治)


徳富蘇峰―蘇峰自伝 (人間の記録 (22))