長岡 半太郎の名言 ながおか はんたろう

長岡 半太郎【ながおか はんたろう】Wikipediaより

「何々になろう」とする者は多いが
「何々をしよう」とする者は少ない。

長岡 半太郎 ながおか はんたろう Hantaro Nagaoka

物理学者 1865〜1950


ここのところは、人間が、
自然界で本来目指すべき夢を、
勘違いしている部分ですね。

何かになること、何かを得ることは、
本来、夢を実現するための手段であり、
これを目指すことは、
その実現をも難しいものにしますし、
本来実現すべき夢は、
忘れ去られることになりがちです。

本来目指すべき夢が、
本来の手段を実現するための、
手段になってしまうような、
本末転倒なことにもなりかねません。

また、何かをすることも、
自己満足のために、
やることを考えていては、
手段を目指すのと、さほど変わりませんし、
その追求が、充実感と満足感を伴って、
続いていくこともないでしょう。

自然界で生かされることも、
非常に困難なことと言えます。

自然界で目指すべき夢は、
大切な人の幸せを実現していくことです。
どれほどの深さの幸せを実現していくか、
どれほどの人の幸せを実現していくかが、
目指していくレベルですね。

この夢を実現していくために手段があります。

あなたの素晴らしい才能の、
ポテンシャルを存分に引き出していくには、
真の夢を授けることは、非常に重要なことです。

目指すもので、能力の開発は全く違ってきます。

それは、目指すレベルもそうですが、
それ以前に、真の夢であるかどうかが、
とても大切なことになりますね。

以前に紹介した、長岡さんの言葉です。

自然に人情は露ほども無い。
これに抗するものは、容赦なく蹴飛ばされる。
これに順うものは、恩恵に浴する。

https://goo.gl/tMyV17


(浜本哲治)


長岡半太郎―原子力時代の曙 (人間の記録 (83))


土星の画像。土星の輪は微小な天体の集合体が土星を公転しているものである事は当時すでに知られており、長岡は、土星本体に相当する原子核の周囲を数千個の電子が輪のように回っていると考えた。 NASA • Public domain Wikipediaより
土星の画像。土星の輪は微小な天体の集合体が土星を公転しているものである事は当時すでに知られており、長岡は、土星本体に相当する原子核の周囲を数千個の電子が輪のように回っていると考えた。 NASA • Public domain Wikipediaより