ミゲル・デ・セルバンテスの名言 Miguel de Cervantes

ミゲル・デ・セルバンテス(Miguel de Cervantes)Wikipediaより

人生は、1枚の銀貨のようなものだ。
それをどう使おうと勝手だが、
使えるのはたった1度きりである。

ミゲル・デ・セルバンテス Miguel de Cervantes

スペインの作家 1547〜1616


セルバンテスさんの、こんな言葉もありました。

「そのうちやる」という名の通りを歩いていき、
行き着くところは
「何もしない」という名札のかかった家だ。


どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。
救いのない運命というものはない。
災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、
救いの道を残している。


命あるかぎり、希望はあるものだ。


退去は逃げることではない。


どんな人生を歩くのも自由です。

自然界ではそれぞれに委ねられています。

ただ、期限があります。

これは、当たり前のことなのですが、
それを真に理解、認識した人生を、
過ごせている人は、非常に少ないでしょう。

そして、最期の瞬間に、
後悔の思いを口にする人が多いと聞きます。

もちろん、どんなチャレンジにも、
リスクはつきものですし、
上手くいかないことも多いですが。

それでも、チャレンジせずに、
引きずる後悔よりは、遥かに清々しいでしょう。

また、どんな状況も、
現象が起こっているということは、
道標ですから、必ず進むべき道があります。

たとえそれが、後退するような道であっても、
先に進むための後退は、前進です。

ぜひぜひ、一度しかない人生です。
最期の瞬間に、後悔の思いや言葉が出てこないような、
人生にしていってください。

もちろん、無限の可能性のある自然界ですから、
完結することはあり得ません。

全てが夢の途中になりますが、
自然界の幸せは、何かを目指している、
過程の中にだけありますから、
心配することはありませんね。

これまでに紹介した、セルバンテスさんの言葉です。

(浜本哲治)