朝倉 摂の名言 あさくら せつ

朝倉 摂【あさくら せつ】

人は騙せても自分だけは騙せないから、
あの時の私は一点の曇りがあった、
と後悔するのはどうしても避けたいですね。

朝倉 摂 あさくら せつ Setsu Asakura

舞台美術家 画家 1922〜2014


自分を騙すことはできません。

言い訳をしてごまかすことはあっても、
それはまやかしであることは、
自分自身がよくわかっています。

この自分と対峙して、
超えていこうとしていくことが、
本来自分自身を磨くということでしょう。

もちろん、無限の可能性のある自然界ですから、
完璧はあり得ません。

必ずさらに先、深みがあることは、
認識できているはずですが。

限りある時間の中で、
やれることをやる尽くしていく、
チャレンジができるかどうかですね。

常に無理ではない、最高のチャレンジの実現は、
他の誰でもない、
自分自身を超えていくことですね。

ぜひ、日々、決して騙すことのできない、
自分自身とひたすら向き合って、
感じていることに沿っていくこと、
自分自身を超えていくことにチャレンジしてください。

朝倉さんの、こんな言葉もありました。

仕事をするということは、
危機感に支えられ、
自分の精神を絞り込んでいくことなんですね。


(浜本哲治)