小倉 遊亀の名言 おぐら ゆき

小倉 遊亀【おぐら ゆき】Wikipediaより

何ももたぬという人でも、
天地のめぐみをいただいている。

小倉 遊亀 おぐら ゆき Yuki Ogura

日本画家 1895〜2000


小倉さんの、こんな言葉もありました。

梅は何ひとつ怠けないで、
一生懸命生きている。
私も怠けていてはいけない。


自然界では、自然が大きな恵みを常に授けてくれています。

そのことに気づき、
その愛を循環させるべく届けていくことで、
さらに大きな愛を与えられることになるのですが。

人間はどうも、
足りないことばかりを考えて、
与えられていることを忘れて、
愛の循環をなかなか始められない、
享受できないという現象に陥っていますね。

いかに楽をしていこうかと考える傾向も、
その表れと言ってもいいでしょうね。

植物たちの一心不乱さは、
人間も進化のために、
大いに学ぶべきところでしょう。

人間は無理をして、
自ら自滅するところがあり、
一心さを実践できない要因でしょう。

無理ではない、チャレンジを続けていれば、
その姿勢が崩れることはありません。

ぜひ、すでに愛は溢れるほどに与えられていて、
その愛を大切な存在の幸せのために、
届けていくことが使命だと気づき、
大いなる愛の循環を起こすために、
あなたの素晴らしい才能を、
一心不乱に活用していってください。

そうしていくことができれば、
さらに、抱えきれないほどの幸せに、
囲まれることになっていきますよ。

また、小倉さんの、こんな言葉もありました。

人間というのは褒められるとそれにしがみついて、
それより上には出られないものです。
若い頃の私もそんなふうで、
描けども描けどもこんなはずではないと思いながら、
同じことに明けくれた時代がありました。


以前紹介した、小倉さんの言葉です。

絵を描くことは坐禅と同じ、
対象に宿る美しさを発見するためには
無心に物を見る態度を養わなければならない。

http://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?1299


(浜本哲治)