北原 白秋の名言 きたはら はくしゅう

北原 白秋【きたはら はくしゅう】Wikipediaより

草を見る心は己自身を見る心である。
木を識る心は己自身を識る心である。

北原 白秋 きたはら はくしゅう Hakushu Kitahara

詩人 童謡作家 歌人 1885〜1942


どこまでも奥深い、自分自身のことを知るにも、
どこまでも深遠な自然界で起こる現象の真意を知るにも、
もっとも確実で早い方法は、
自然を感じ、識っていくことですね。

自然を知ること、感じることも、
他のあらゆること同じように、
一日二日触れて感じたからといって、
その奥深さを感じ取れるものではありません。

日々感じ、数年、数十年に渡って、
感じ続けてこそ、その深いところの真意を、
感じ取れるようになるものですね。

現代の人間界では、
自然から隔絶されている環境になってきていて、
一日の中でも、自然を感じられる時間が、
非常に少なくなってきています。

これでは、自然がわかるはずもありませんね。

自然を感じていくことが、
いかに、人生において重要なことかは、
実際に感じ続けていけば、実感できます。

あなたの心、脳に、
ぜひ、自然の刺激を与え続けてください。

できるだけ、自然なままの自然の刺激を、
プレゼントし続けてください。

以前紹介した、北原さんの言葉です。

子供に還らなければ、
何一つこの忝(かたじけな)い、
大自然のいのちの流れを
ほんとうにわかる筈はありません。

http://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?162


(浜本哲治)

北原白秋生家(福岡県柳川市)Wikipediaより
北原白秋生家(福岡県柳川市)Wikipediaより