北村 透谷の名言 きたむら とうこく

北村 透谷【きたむら とうこく】Wikipediaより

明日は即ち永遠の始めにして、
明日といえる希望は即ち永遠の希望なり。

北村 透谷 きたむら とうこく Toukoku Kitamura

評論家 詩人 1868〜1894


北村さんの言葉です。

世界は意味なくして成立するものにあらず。
必ず何事かの希望を蓄えて進みつつあるなり。


無限に可能性のある自然界では、
まさに時にも永遠が与えられています。

そこに存在するエネルギーも、
この永遠という、無限の可能性の中にいるのでしょう。

それぞれの存在には、
今生の人生があります。
その時間には限りがありますが。

自然界の存在は、
エネルギーレベルで見ていくと、
全てが繋がっていて、永遠を共有しています。

このことを理解し、体感、体得していくことこそが、
人間の進化に繋がっていくものになっていくでしょう。

全ての怖れの根源に、
死への恐怖があることを見ても明らかですね。

その恐怖を克服していくところに、
進化への糸口があります。

ぜひ、あなたの素晴らしい才能には、
今のレベルや、恐怖を超越した、
感性を授けてあげてください。

具体的な進化を実現できていく感性は、
顕在能力、潜在能力などに、
大きな影響を与えていきます。

自然界の今の中でも、未来にも、
可能性と希望は絶えることはありません。

以前紹介した、北村さんの言葉です。

熱意は力なり。
必ず到着せんとするところを指せる、
一種の引力なり。

http://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?583


(浜本哲治)