具志堅 幸司の名言 Koji Gushiken

具志堅 幸司(Koji Gushiken)Wikipediaより

アキレス腱を切った、二度めの入院のときは、イメージトレーニングに成功しました。
自分の演技を、イメージの中で、『映像化する力』をつけることができたのです。
ロス五輪のときも、競技場に向かうバス中での、イメージには確実に成功したので、『必ず勝てる』と確信して演技に臨みました。

具志堅 幸司 Koji Gushiken

ロス五輪体操個人総合金メダリスト 1956〜


ロンドン五輪の、体操個人総合では内村選手が金メダルでしたね!
28年ぶり4人目の快挙と言うことですが。
具志堅さんが、その28年前の金メダリストですね。

私も親しくしていただいて、この話しは、直接具志堅からもお聴きしました。

大会当日の行動も、かなり前から何度も何度もイメージしていたようです。

選手村からバスで出発。
バスから降りる。会場に入る。

演技のはじめから、終了まで全てイメージする。
表彰台で感激の涙を流す。

トレーニングなのに本当の涙が出たそうです。

こうしたイメージトレーニングを重ねて、当日を迎えました。

そして、すべてイメージ通りになって金メダルです。

以前にふたつほど、具志堅さんの言葉は紹介しましたが。

具志堅さんのイメージ力は、練習で演技を終えた後に、自分の頭の中で数ミリのズレも感じられるほどに精密にイメージ出来たようです。

そして早送りも、巻き戻しも自由自在に出来たようですね。

今でこそビデオカメラなどがありますが。
ビデオカメラよりさらに精巧なカメラが、頭の中に入っていたわけですね。

人間の能力は、果てしない可能性を持っていることを、具志堅さんは証明してくれています。

そんな具志堅さんですが。
高校に入学して、体操を始めた当初は、逆立ちが出来るようになるのに2年もかかったほど。
体操の才能はなかったと本人もおっしゃってました。

これは、私自身のアスリートとしての体験からも断言できますが。

成功するために必要なものは、俗に言われる才能ではありません。

どれだけ、自分のやっていることを愛せるかどうか。

努力はあまり適切ではありませんが。
俗に言われる、努力もちろん必要です。

しかし人並み外れた努力を、努力していると感じないほどに、取り組んでいることを愛せているか。

ここに尽きるでしょうね。

愛には努力は無縁ですよね。

世界選手権を三連覇していた内村選手も、団体では思ったような演技が出来ませんでしたが。
トップを競う領域では、技術レベルの差はほとんどありませんので、心の状態の差になってきますね。

イメージ力、不動心。

毎日が究極の勝負になっている。
あなたにも大切なことですね。

毎日どれだけ、あなたの夢をイメージしてみていますか?

目の前の作業に追われて、イメージする時間をあまり取れていない人が多いですね。

心をいつも最高の状態にしておくことに工夫などはしていますか?

何事にも動じない心は、目指す究極ではありますが。
無頓着に心を乱される人や物に、関わったり触れたりしていませんか?

これは、工夫次第でどうにでもなることですね。

あなたがあなたの天才を、極めていく領域は果てしなくありますね。

愛するあなたの天才に、どうぞ究極のこだわりを持って、どこまでも追求していってください。

特別な人が出来ることではありませんね。

あなたの天才をどこまで愛せるか、こだわりを持てるかはあなた次第ですからね。

これまでに紹介した、具志堅さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る