江崎 玲於奈の名言 Leona Esaki

江崎 玲於奈(Leona Esaki)Wikipediaより

一般的に日本の若者は「こうやれ」と言われるとよくできます。
しかし、自分から何かを発見する事は苦手です。
それに挑戦する精神も乏しい。
日本の学問は、ものを習う「修得型」で、何か新しい事に挑戦する「探求型」が不足している。
というより「探求心」の教育を受けていないと言っていいと思います。

江崎 玲於奈 Leona Esaki

物理学者 ノーベル物理学賞受賞者 1925~


これは、今の若者と言うよりは、日本の全世代に言えることなのかもしれませんね。

深く探求すること、新たにチャレンジすることを育む環境にはなっていません。

また、チャレンジをすれば上手くいかないことも出てきますが、失敗や再挑戦を許容する社会にもなっていないでしょう。

確かに教育環境も、世界の中で学力が落ちたから、詰め込めば上がるだろう。
という発想も短絡的ではありますが。

やはり、いちばんの教育の場は家庭でしょうね。
どんな教育環境であろうと、探究心をいちばん育めるのは家庭ですし、チャレンジすることの大切さをいちばん感じるのは親の姿でしょう。

興味のあることをとことん追求させてあげれば、学ばなければならないこと、自ら学ぶことの楽しさを知って勝手に学ぶようになります。

これを中途半端にしていると、学ぶ楽しさも、学ぼうとする範囲も小さく狭くなってしまいます。

それぞれの家庭で、探究心とチャレンジ精神を醸成できて、不自然な詰め込み教育や、見栄で学歴を作ることを必要としなくなれば、勝手に教育環境も変わっていくでしょう。

今は。。。というか、ずいぶん以前から学歴だけで幸せな人生は送れないことは、多くの人が気づいているはずなのに。

そういうことをやめられないのも、右に倣え。大勢に沿っていけ。
の日本人の特質でしょうね。

どんなことにも言えることですが。

体制を批判するよりは、個々人の思いの現れが体制になっていることに、そろそろ気づいていくべきでしょうね。

また、どんな体制の中でも、その意志さえあれば、どのようにも天才や能力を育てていくことは出来ます。

そして、未来を担う子どもたちの創造力、探究心、挑戦心を育てていくには、あなた自身がお手本になることですね。

今の子どもたちが、もしこの言葉のようであるとするならば、それは、その子どもたちを育てている私たちの世代が、そうだと言うことは間違いのないことでしょう。

また、子どもたちが得意分野を伸ばしていこうとしている時、どこを目指して欲しいと思うでしょう。

どうせやるなら、てっぺん目指して欲しいのではないでしょうか。
それにはやはり、お手本がまず目指すべきでしょうね。

子どもの未来を創ること変えることは、社会の未来を創ること変えることです。

組織やそのメンバーは、リーダーの器以上にはなかなか大きく育ちません。

リーダーがひたすら自分自身を磨いて、その器の大きさで引っ張っていって、最後には子どもやメンバーにあなたの器を超えさせること。

これが親としてリーダーとしての、大きな役割と喜びでしょうね。
サポートするのは当たり前です。

どうぞ、あなたの後ろ姿、器で育ててあげるのが、最高のサポートになることを感じてください。

子どもたちの未来も、日本の未来も、あなたがどういう夢を目指してチャレンジしているかで見えてくると言うことですね!

これまでに紹介した、江崎さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る