ポール・セザンヌの名言 Paul Cézanne

ポール・セザンヌ(Paul Cézanne)Wikipediaより

自分の強さを実感している人は、謙虚になる。

ポール・セザンヌ Paul Cézanne

フランスの画家 近代絵画の父 1839~1906


人間は元来、弱い生き物ですから、
自分を防御するために、
外に向けて、働きかけることをします。

しかし、例えば、何があっても、
自分は大丈夫だと感じていれば、
鎧を着込むことも、攻撃する必要もありませんから、
外に対する働きかけは少なくなります。

この自分に対する自信は、
まずは、これなら誰にも負けない。
という得意なものを創っていくことですね。

どんなことでも、何かひとつ、
こういうものを構築できると、
そこから、自信の連鎖、
プラスのスパイラルが生まれてきます。

それには、苦手なことや嫌いなことでは、
とても構築していけるものではありませんから、
やはり、好きなこと、興味のあること、得意なことを、
深く追求していくことでしょう。

何かひとつでも、そういうものを手に入れて、
深く追求できると、
真理や自然の摂理を感じるところまで、辿り着き、
全てに通じる、原理原則が分かってくるので、
他のことにも、自信が持てるようになります。

私がお会いした、事を成し遂げた方々も、
例外なく、みなさん謙虚な方で、
心の壁が低く、無防備なほどに開けっ広げで、
自信に満ち溢れていました。

強度が高いのは、堅固なことではなく、
しなやかなことですね。

木々が、風に対して身を固めると、
簡単に折られてしまいます。
しなやかに、風に揺られることが、
大切な部分を守ることになりますね。

人間も、防御しよう、隠そう、攻撃しようと、
意識が働くと、途端に脆くなります。

簡単な実験ですが。
肩幅ほどに足を開いて、
少しつま先に体重を乗せる感じで、
全身の力を抜いて立った状態と。

押される力から守ろう、
抵抗しようとして、力を込めて、
立っている状態で、
同じ力で押してみると分かります。

前者の方が明らかに動じません。

強さを育んでいくには、
あなたの芯を育てていくことです。

攻防を考えるより、ひたすら、
持ち味を自信に出来るほど追求して、
裸で勝負していくことですね。

出来るだけオープンにしていくことで、
本当の強さ、しなやかさが醸成されています。

どうぞ、本物の強さを追求していってください!

(浜本哲治)

『ピアノを弾く若い娘』(『タンホイザー序曲』)1869-70年頃、57 × 92 cm。エルミタージュ美術館。Wikipediaより
『ピアノを弾く若い娘』(『タンホイザー序曲』)1869-70年頃、57 × 92 cm。エルミタージュ美術館。Wikipediaより

LINEで送る