クリスティアン・ゲッレールトの名言 Christian Fürchtegott Gellert

クリスティアン・ゲッレールト(Christian Fürchtegott Gellert)Wikipediaより

こんな風に生きたかったと、死ぬ時に思うような生き方をしようではないか。

クリスティアン・ゲッレールト Christian Fürchtegott Gellert

ドイツの詩人 1715〜1769


人間はある調査によると、大半の人が亡くなる時に人生に後悔を残していると答えたそうです。

もちろん全てが完結して、今生の最期を迎える訳ではありませんから、全く心残りがないということはないでしょう。

それでも自分の思ったように生きられていれば、人生に後悔を残すことはありませんね。

やりたいことをやりたいようにしていくことが難しいことは、生かされている今、やりたいことをやろうとしても思い通りにはならないことを感じても分かることですが。

やりたいことを、何かを目指してやることは出来ます。

どんな状況、環境にあっても、やりたいことにチャレンジできないことはありません。

今生の今の意識、身体を持って生かされていく人生には必ず終わりがやってきます。

80年前後の短い人生です。

どんなに自分自身で価値のあることをやったと思っても、それを全ての人が快く受け入れてくれることはありません。

人生を終えた後でさえ、あれこれ言われることもあります。

他人がどう思うかを気にして、自分の人生を歩けないのは本当にもったいないことです。

あなたの人生はどこまでいってもあなただけの人生です。

人生の意味やどう生きるべきかに、気づいた時が本当の人生のスタートです。

与えられた使命をどこまで果たしていけるかは、どの段階で気づいても短い人生ですから大差はありません。

一人の人間の出来ることは、所詮限られたことです。

時間ではなく、濃いチャレンジをすることで、どこまでも遠くまで行けます。

自分がやりたいと心から思えることは、それをやり遂げる能力は必ず与えられています。

制限時間内には、必ず道半ばでタイムアップになりますが、自分の歩きたい道を歩んでいれば、まず後悔の人生にはなりません。

もし今あなたが人生の終わりを迎えるとしたら、どんな人生にしたかったか。

そう思える人生に今からチャレンジすることはいくらでも出来ます。

どうぞ悔いのない人生にチャレンジしていってください。

(浜本哲治)

LINEで送る