森 信三の名言 Shinzo Mori

森 信三(Shinzo Mori)Amazonより

人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。
しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に。

縁は求めざるには生ぜず。
内に求める心なくんば、たとえその人の面前にありとも、ついに縁は生ずるに到らずと知るべし。

森 信三 Shinzo Mori

哲学者 教育者 1896〜1992


天の配剤についての、これも深い言葉ですが。
前半のこの言葉には続きがあります。

「縁は求めざるには生ぜず。内に求める心なくんば、たとえその人の面前にありとも、ついに縁は生ずるに到らずと知るべし。」

天の配剤は、人との出会いだけではありませんね。
出来事との出会い、自然との出会いなど、すべての出会いを意味しています。

そして「天は乗り越えられない試練を与えない。」
これも、また事実でしょう。
自分自身の過去を振り返ってみても納得出来ますね。

すべての出会いは、寸分の狂いもなくやってくるものですね。
ただ森信三さんがおっしゃっているように、その出会いに気づかないことも、またよくあることです。

人との出会いでも、運命の人との出会いに気づかずに出会いを活かせないこともあります。

また出来事との出会いは実に分かりにくいです。
一見自分にとって良くない出来事のような顔をして、目の前に現れることが多いですからね。

せっかくのチャンスを感じることが出来ずに、または心を閉ざしてしまったばかりにチャンスをつかめなかった。なんて言うことも多いですね。

その積み重ねが、夢の実現や使命を果たすことを遅らせたり、時間切れになってしまうことになっていきます。

誰にでもその人の夢や使命の実現に必要な出会いは、必ずすべて用意されています。

その出会いを逃さず敏感に察知するには、やはり心、感性を磨いておくことですね。

言葉にもあるように、出会いが目の前に見えていても、それをチャンス、運命の出会いだと感じられなければ、ただの物体、出来事でしかありません。

そして心、感性を磨く、簡単で最適な方法が自然を感じることでしょう。

起こることにはすべて意味があって、その中に運命の出会いが隠されている。

さて、毎日が宝探しになってきますね。

(浜本哲治)

LINEで送る