オーソン・ウェルズの名言 George Orson Welles

オーソン・ウェルズ(George Orson Welles)Wikipediaより

私は枠に、自分をはめたくない。

オーソン・ウェルズ George Orson Welles

ハリウッドを代表する映画監督 脚本家 俳優 1915〜1985


人間は生涯、全ての枠から解放されることはないでしょう。

休息が必要な、身体もあり、
時間も限られていますからね。

どうにもならない制約があるとしたら、
それを、いかに存分に活用していくかですが。

人間は、それ以前に、
自分自身でもっと小さな枠を創ってしまっています。

与えられた身体、才能は、
どこまでも深く、可能性を追求できるのに、
過去や今の自分を見て、
自分の能力、可能性にも枠を創っています。

環境や状況の枠は、
いくらでも、超えていける選択肢があるにも関わらず、
囚われてしまっていることは多いですね。

また、どんなに嫌なことでも、
繰り返しやっていくことで、
何も感じなくなるように、
いつの間にか、囚われている枠に、
気づいていないケースも多いのですが、
過去に上手くいったことで生じる囚われ、
これが、いちばん厄介なものでしょう。

自分の囚われに気づき、
その超え方を学んでいくには、
自分以外の誰かの、夢の実現のお手伝いをするのがいちばんですが、
自分自身で気づいていくには、
自分の才能、能力の進化の手応えが、
日々感じられなくなったら、
まず、間違いなく囚われがあると考えた方がいいでしょう。

成果ではなく、才能、能力の進化の手応えですね。

囚われが多くなるほどに、
昨日超えるチャレンジができなくなりますので、
当然、成長、進化は少なくなってきます。

そして、囚われ探しですが、
あなたの心、潜在脳は必ずキャッチしていて、
違和感として感じさせてくれますから、
全てのチャレンジを、心を感じながらやっていくことです。

その他にも、他人の目を気にし過ぎていないか。
チャレンジで、固定化している部分に囚われがないか。
などなど、注意深く感じてみることですね。

囚われが見つけられれば、
後は、それを手放すだけですから、
囚われの正体を見つけることが重要ですね。

見つけた囚われで、
簡単に手放せるものは、即座に手放すことですが、
すぐには手放せない、変えられないものは、
とりあえずは、囚われていることを、
常に認識しておくことですね。

問題意識を、いつも持っていれば、
必ず突破口は見えてきます。

ひとつひとつ、薄皮を剥がすように、
ぜひ、囚われを超えて行ってください。

あなたの才能、能力は、
間違いなく、囚われが少ないほど、
速く、確実な進化を実現していきます。

どうしても超えられないタイムリミットまで、
どれだけ、あなた自身をあなたから自由にしてあげられるか。

夢の実現、才能の進化の、
大きなポイントですね!

オーソン・ウェルズさんのこんな言葉もあります。

あなたの中には表現されるのを待っている、
力強い天才がひそんでいる。
それは教育やしつけでは抑えつけられなかった力だ。


あなたの中に必ずある、
天賦の才である天才は、
囚われの少ないあなたに、
どこまでも磨かれるのを待っていますよ!

(浜本哲治)

LINEで送る