具志堅 幸司の名言 ぐしけん こうじ

具志堅 幸司【ぐしけん こうじ】Wikipediaより

高校に入学して、
逆立ちが出来るようになるまでに
2年かかりました。

具志堅 幸司 ぐしけん こうじ Koji Gushiken

ロス五輪体操個人総合金メダリスト、1956〜


仲良くしていただいた具志堅さんの、
人間の可能性と、具志堅さんの非凡さを、
感じさせてくれる言葉です。

大阪清風高校で体操を始めた具志堅さんは、
入学当時逆立ちも出来なかったようです。

また、こんな話しもしてくださいました。
ある記者会見の時に、記者から監督さんに、

「具志堅選手は体操のセンスがあるんですか?」

という質問が出たそうです。
具志堅さんは、意地悪な質問をするなあ。と思いながらも、
監督の答えを楽しみして、横にいたそうなのですが。
監督さんの開口一番の言葉が。。。

「具志堅は体操のセンスはありません。」

具志堅さんは横でズルっとズッコケタらしいです。
しかし、その後に、

「しかし、具志堅には努力する才能があります。」

と言葉を続けたそうです。
この言葉が、具志堅さんのアスリートしての
才能を見事に表していますね。

私も現役時代、天才と言われた
スーパースターに囲まれていました。
しかし、生まれながらの天才は
いないということも知りましたね。

彼らは、間違いなく
人の何倍もトレーニングをしているからこそ、
スーパースターになった人たちでしたね。

そして、そのだれもが、
努力してるとは思っていなくて、
本当の意味で楽しんで、当たり前のようにやっていました。

夢を持つことが、楽しむことが、やり続けられることが、
最高の才能ですね!

(浜本哲治)


突破!突破!限界への挑戦―努力する才能と信じる心