太宰 治の名言 だざい おさむ

太宰 治【だざい おさむ】Wikipediaより。

笑われて、笑われて、つよくなる。

太宰 治 だざい おさむ Osamu Dazai

小説家 1909〜1948


自然界は「20:80の法則」が働く世界だということを、
常に意識しておくことが大切でしょう。

この法則は、あらゆる場面で働いていますので、
検証してみると面白いですね。

野球の打率などもいい例ですね。
10割を目指して精一杯チャレンジして、
上手くいく確率は2割程度。

これは、植物たちの結実などを見てもわかります。
たくさんの花が咲いても、全てが結実するわけではありません。

届けた愛は、届くのはせいぜい2割です。
もちろん、全てを届けようとチャレンジして、
精一杯やってこの確率ですから、
いい加減にやっては、確率はどんどん落ちてきますね。

また、それぞれの分野、アクションの特性で、
もちろん、2割という数値は変動しますが、
圧倒的に上手くいく確率が低いことは同様です。

ただ、上手くいかない8割が、
意味のないことではありません。

その8割があるからこそ、
2割が生まれてくることもあります。

しかし、この8割によって、
夢を諦めたり、才能、能力がないと、
決めつけたりしてしまって、
せっかくの可能性、チャンスを、
逃してしまっているケースは本当に多いですね。

8割をどう捉えることができて、
どう活かしていけるかでしょう。

確率としては2割ですが、
2割の実数を増やしていくためには、
8割の実数もどんどん増えるということです。

誰よりも多くの数の、上手くいく2割を実現する人は、
同時に、誰よりも多くの上手くいかない数を、
経験する人になります。

過去や今の状況に、
あまり意味のないプライドを持っていると、
チャレンジができなくなります。

年齢や経験が重なってくると、
上手くいかないことを、怖れたり、
恥ずかしいものと考える傾向、風潮があって、
そういうプライドが醸成されているケースも多いでしょうが、
これでは、先細りになってしまうことは否めません。

常に未来の夢の実現に強いプライドを持っていけば、
チャレンジができなくなって、
失速してしまうこともないでしょう。

また、本当に大切なことは、全体の20%に集約されています。
その大切な2割で、8割を構成していることも実際です。

8割の笑われることに、
心を奪われていては、
全く動けなくなって、チャレンジも進まず、
夢に近づくこともありません。

夢の実現が近づかない、
才能、能力が成長、進化していかないと、
嘆いているケースの多くは、ここにあるでしょう。
年齢、経験を重ねるほどに、強い傾向ですね。

どうぞ、あなたの高いポテンシャルのある才能には、
未来へのプライドを授けてください。

どこに、何にプライドを持てるかで、
全く違うアクション、チャレンジが展開していくでしょう。

ぜひ、2割の実数を増やすために、
8割を存分に愉しみ、味わえるような、
素敵なプライドを獲得してください。

(浜本哲治)

1946年、銀座のBAR「ルパン」にて(林忠彦撮影)Wikipediaより
1946年、銀座のBAR「ルパン」にて(林忠彦撮影)Wikipediaより

LINEで送る