ジョージ・バーナード・ショーの名言 George Bernard Shaw

ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw)Wikipediaより

存在するものだけを見て「なぜそうなのか」と考える人もいるが、私は存在しないものを夢見て「なぜそうでないのか」と考える。
チャンスがなかったと言う人は、おそらく一度もチャンスをつかまなかったのだ。

ジョージ・バーナード・ショー George Bernard Shaw

イギリスの劇作家 小説家 ノーベル文学賞受賞者 1856~1950


チャンス、運命は誰にでも同じようにやってきています。
まずはそれをいかにチャンスと感じられるか。誰にでもチャンスと感じられるようなことは、実はそれほど大きなチャンスではないことが多いものです。

チャレンジをしていない人には本当のチャンスは感じにくくなっていますね。

何かを目指しチャレンジ、行動することは、目指すものを、そこに辿り着くことをイメージしていくことですから、未知の領域にチャレンジすることです。

もちろんそこに導いてくれる運命、チャンスも未知のことになるわけです。

その未知のものを、夢をイメージすることなく、追求することなく感じられないのは当たり前のことですね。

これを感じられないので人間は無理をしてしまうのでしょう。

運命やチャンスはいつやってくるか分かりません。
それを待つしかないのですが、何もチャレンジすることなしにそれを感じることは出来ないでしょう。

チャンスを見逃していることは本当に多いものです。

そして感じたチャンス、運命をつかんだら、即行動ですね。
チャンスを感じながら動かない人も、これまた本当に多いものです。
チャンスや運命は天の配剤と言われるように、最高のタイミングでやってくるものです。

それをつかんだままいつまでも温めていると、いざ使おうと思った時には、すでにチャンスでも運命でもなくなっていることも多いものですね。

行動に起こせないのもイメージが明確になっていないからでしょう。

あなたの夢を明確にイメージすることは運命を引き寄せる。。。というより波のように押し寄せてる運命に気づかせること。そしてその運命を活かすこと。まさにそのものですね。

チャンスは今も目の前を通り過ぎています。
それに気づけるかどうか。活かせるかどうか。
やはりあなたの中にすべてあります。

あなたの夢があなたの最大の能力。
天賦の才が夢の源泉。
天賦の才を磨くところにチャンスがやってくるのも自然なことですね。

これまでに紹介したジョージ・バーナード・ショーさんの言葉です。

(浜本哲治)

ナイアガラ・オン・ザ・レイクにあるショーの像 Wikipediaより
ナイアガラ・オン・ザ・レイクにあるショーの像 Wikipediaより

LINEで送る