井深 大の名言 Masaru Ibuka

井深 大(Masaru Ibuka)Wikipediaより

まず、強い目標を立てる。
それを達成するためにあらゆる技術を動員する。
「できそうだからやってみよう」
というのとは大きな違いがある。

井深 大 Masaru Ibuka

ソニー創業者の一人 1908~1997


人や組織で、夢や目標を描く時に多くの人が間違った描き方をしています。

それは過去の延長線上の視線で目標を設定することですね。

出来そうなことをやる。
まさにこの視線で目標を設定していると、どこまで行ってもあまり今とは代わり映えしません。

なぜか?

発想と行動の変わりようがないからです。

どんな夢や目標を実現していくにも、今できる小さなひとつひとつを積み上げていくしかありません。
その積み上げるひとつひとつを、どういうものにするかが大切なことです。
そのひとつが。その一歩が。どこに向かっているのかを知っておく必要があります。

まずは夢や目標ありきです。
過去や今の状況、自分の今の能力に関係なく純粋にどうなりたいのか、どうしたいのか。
ここからスタートすることでしょう。

そしてその夢や目標からブレイクダウンして、今出来るひとつのことを創っていきます。

高い目標を設定することは大切なことですが、今出来る小さなひとつにまで落とし込まないと単なる絵に描いた餅になります。

同じ一日の時間を使って積み上げるひとつのことが夢に向かっているものか、単に今までやってきたことと同じものか。
結果は火を見るより明らかなことです。

過去の延長線上の発想では、もう少し努力しよう、頑張ろう的な発想しか出てきません。

斬新な創造力を生み出すためには、今の能力ではとても出来ないようなことを目指さなければ出てきません。

習慣に支配されている行動を変えていくには、どうしても実現したいと切望できる夢や目標からブレイクダウンされた今日の一歩でなければ、いつまでも今までの行動と変わりません。

夢を強烈にイメージできた明日の一歩でなければ、その一歩ずつを積み重ねた1年後は、1年前から今日までの変化と同じか、進歩が鈍った姿しか実現できないでしょう。

どういう1年後、3年後のイメージを持っていますか?
それはあなたが心底望んでいるものですか?
明日の一歩はその夢に確実に向かう一歩ですか?

自然の木々や草花たちは、ただ単に同じことを繰り返しているわけではありません。
目指すものがあるからこそ年々成長しているんです。

ただ単に同じことを繰り返しているだけでは人間も成長しないことを見れば分かりますね。

環境も刻々と変わっていく中で、自然に生きるものは同じことを繰り返すだけでは成長しないことも自然の摂理のひとつでしょう。

同じように見える繰り返しでも、目指すものがあるのとないのとでも違うのは明らかなことです。

人間も木々も明確な夢があって初めて逞しく、眩しく輝けます。成長します。

さてあなたの夢は何でしょう?
どれだけ強い想いを持っていますか?
どれだけ明確になっていますか?

今やることはあなたの未来を創る一歩ですよ。

これまでに紹介した井深大さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る