ネルソン・マンデラの名言 Nelson Mandela

ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)Wikipediaより

生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。
人は憎むことを学ばないとならないのだ。
もし憎しみを学ぶことができるのなら、愛を教えることもできる。
愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心にとどく。

ネルソン・マンデラ Nelson Mandela

南アフリカ共和国元大統領 ノーベル平和賞受賞 1918~2013


人間は生まれつきの性格と言っているようなことでも、その多くが育つ中で身につけたものです。

それを自分を進化させることを諦める材料として、使われていることも多くなっているでしょう。

また環境で形作られたものも、環境や他人のせいにして自分自身の進化を自ら妨げていることもとても多いです。

それがどんな状況で身についたことであっても、自然界の自然に沿って修正していくことはそれほど難しいことではありません。

それを難しいものにしているとしたら、自分自身の思考、思い込みですね。

むしろ自然に沿っていくことは心地よくさえあります。

自分自身を進化させていくことを諦めたり、止めてしまってはいけません。

年齢に関係なく、その気になりさえすればいつまででも人間は進化できます。

逆に若くても凝り固まってしまえば、進化は途端に止まってしまいます。

自然界は愛に溢れた世界です。
愛を循環させていくことが自然界の自然です。

憎しみや争う気持ちは思考で考えるものでしょう。
愛し合うことの方が、遥かに簡単で心地よいものです。

どうぞ、囚われは手放してください。
人間の創ったものに囚われるほどに、自然界の自然が見えなくなってしまいます。

そしてあなたの中から争いの種を手放していって、身近な環境から争いのない、笑顔の溢れる世界を創っていってください。

やがてそれが人間界から争いをなくしていくことになります。

人間界から争いをなくす最大の要因は、あなたの中にあります。

ネルソン・マンデラさんのこんな名言もありました。

我々は自分に問いかける。
自分ごときが賢く、優雅で美しく、才能にあふれた素晴らしい人物であろうはずがないではないか?
だがそうあってはなぜいけない?

ネルソン・マンデラの名言


私は学んだ。勇気とは恐怖心の欠落ではなく、それに打ち勝つところにあるのだと。
勇者とは怖れを知らない人間ではなく、怖れを克服する人間のことなのだ。

ネルソン・マンデラの名言


教育とは、世界を変えるために用いることができる、最も強力な武器である。

ネルソン・マンデラの名言


真の和解はただ単に過去を忘れ去ることではない。

ネルソン・マンデラの名言


こんな言葉がある。
刑務所に入らずして、その国家を真に理解することはできない。
国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。

ネルソン・マンデラの名言


これまでに紹介したネルソン・マンデラさんの名言です。

(浜本哲治)

マンデラは2008年にツワネ市の自由を受け取る Wikipediaより
マンデラは2008年にツワネ市の自由を受け取る Wikipediaより

LINEで送る