パブロ・ピカソの名言 Pablo Picasso

パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)Wikipediaより

子供は誰でも芸術家だ。
問題は大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。

パブロ・ピカソ Pablo Picasso

スペイン生まれの画家 素描家 彫刻家 1881〜1973


ピカソさんの言葉です。

若くなるためには、時間を要するものだ。


ようやく子どものような絵が描けるようになった。
ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ。


私は対象を見えるようにではなく、
私が見たままに描くのだ。


子どもが天才たる所以は、
まさに、授けられた天賦の才を、
心が感じたままに表現しようとするところにあります。

ただ人間は、その後の教育環境で、
思考することばかりを教えられて、
思考で考えた行動をすることになり、
また、どんどん心に衣を着込んで、覆い隠されていくので、
ピュアな能力を、感じたままに表現することが、
難しいものになってしまいます。

もっともっと、自分自身や、
身の回りの大切な存在の、
感じる心や、感じたものを大切にする、
環境を整えていくことですね。

そのためにも、自然の植物たちと、
交流していくことが、
思考ではなく、思感を研ぎ澄まし、
感じる心を醸成してくれることに、
気づいていくことです。

今のように、不自然が横行している人間界の中では、
部分的、そういう時間があったとしても、
またすぐに、大半の時間を不自然な環境に浸らせられますので、
なかなかピュアな感性、感じる心は育めませんね。

感じたものを、感じたままに表現することは、
決して幼稚なものではありません。

むしろ、高尚なものだと言ってもいいでしょう。

その感性を取り戻していくこと。

これは、新たに身につけると言うより、
取り戻していくと言った方がいいでしょう。

ぜひ、大切な心、感性を取り戻して、
本来のポテンシャルを発揮していってください。

その先に見えてくる人生の景色に、
心躍るものがありますよ。

これまでに紹介した、ピカソさんの言葉です。


(浜本哲治)


ピカソ全集〈5〉幻想の時代 1931〜1945


ピカソ美術館(パリ)Wikipediaより
ピカソ美術館 パリ Wikipediaより