ヘルマン・ヘッセの名言 Hermann Karl Hesse

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Karl Hesse)Wikipediaより

鳥は卵からむりやり出ようとする。卵は世界である。
生まれ出ようとする者は、一つの世界を破壊しなければならない。

ヘルマン・ヘッセ Hermann Karl Hesse

ドイツの小説家・詩人・ノーベル文学賞受賞者 1877~1962


今のままの環境、習慣のままで、新たなものを創造していくことはとても難しいことです。

変化の中にしか進化はありません。

新たな境地に入っていこうとするのであれば、今の環境や習慣は脱ぎ捨てていく覚悟が必要でしょう。

ただ無理をしてはいけません。
あくまでもチャレンジです。

囚われなくチャレンジし続けていれば、環境も習慣も必ず変化していきます。

チャレンジし続けることなしに、一気に変化させようと無理をしがちなのが現代の人間界です。

これでは今をブレイクスルーしていくどころか後退してしまうことになります。

卵は「啐啄同時(そったくどうじ)」という言葉があるように、内側から懸命にチャレンジしていれば、必ず殻を破っていくための応援があります。

そして常に自ら殻を創ることなく、自分自身の囚われは手放し続けていくことも大切です。

いちばん硬い殻は、自分自身で創る縛り、囚われですからね。

ヘルマン・ヘッセさんのこんな言葉もありました。

自分の道を進む人は、誰でも英雄です。


人生の義務は、たったひとつしかない。
それは幸福になることなんだ。


自己の運命を担う勇気をもつ者のみが英雄である。


愛されることが幸せだと、誰もが思っている。
しかし、実際のところ、愛することこそが幸せなんだ。


君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。


これまでに紹介したヘルマン・ヘッセさんの言葉です。

(浜本哲治)

カルフの噴水にあるヘッセのレリーフ Wikipediaより
カルフの噴水にあるヘッセのレリーフ Wikipediaより

LINEで送る