芥川 龍之介の名言 Ryunosuke Akutagawa

芥川 龍之介(Ryunosuke Akutagawa)Wikipediaより

幸福とは幸福を問題にしない時をいう。

芥川 龍之介 Ryunosuke Akutagawa

小説家 1892〜1927


自然界で究極に至りたい境地は、常に幸福であるというところでしょう。
これは実際に自然界の原理原則を理解、体得していけば至れるものです。

自然界で起こる現象は、良し悪しがあるわけではなく、これから進むべき道を指し示してくれているだけです。
このことを真に理解していけば、どの瞬間も常に幸せだということになっていくでしょう。
常に進む方向を教えてくれているのですからね。

こうなっていけば、今が幸せなのかどうかと疑問を持つこともなくなるでしょうし、幸福とは何なのかということを考えるもったいない時間を過ごすこともなくなるでしょう。

幸せは常に目の前の今の中にしかありません。
どこかに辿り着けば、何かを手に入れれば感じられるものではありません。

人生を漂流していると目の前の今の中にある幸せは感じられないでしょうが、自然界で目指すべき真の夢にチャレンジしている今になっていれば、目の前の今に最高の幸せを感じられるようになります。

どうぞ常に最高の幸せの中にいるのだという境地に早く到達してください。
これは自然界の原理を理解していけば、それほど難しいことではありません。

常に今が最高の幸せだと理解、体得していけば、幸せのことをあえて考えることもなくなっていくでしょう。

そんな最高に幸せな状態に、あなたの才能、能力はおいてあげることで最高のパフォーマンスを実現してくれることになりますよ。

これまでに紹介した芥川龍之介さんの言葉です。

(浜本哲治)

「馬の脚」原稿ページ、1925年 Wikipediaより
「馬の脚」原稿ページ、1925年 Wikipediaより

LINEで送る