アルベルト・アインシュタインの名言 Albert Einstein

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)Wikipediaより

弱点は、いずれキャラクターになる。

アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein

理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞 1879~1955


長所、短所、強み、弱点などと人間は気にしすぎる傾向にありますね。

例えば長所や短所は、人が違えば全く異なった捉え方になるものです。
自分では長所だと考えている部分が、他のある誰かにとってはむしろ短所だと考えられたりするのは当たり前のことです。

そう考えていけば、長所や短所と感じられる部分はいずれも突出した部分なわけですから、その突出した部分を育てていけば、それは必ずその人のキャラクターになるでしょう。

自分自身で短所や弱点だと感じている部分はあまり触れない方がいいでしょうが、他の誰かに短所、弱点と指摘された部分であっても、自分自身がむしろ逆だと感じている部分は大いに伸ばしていくことです。
それが強烈なキャラクターであったり、突き抜けた能力を育むことになっていきます。

いずれにしても、自分自身で感じたことに自信を持って、そしてできるだけ絞った一点に意識、エネルギーを集中させて伸ばしていってください。

そうすることがあなたの魅力を大いに増幅させていく秘訣です。

素敵な個性、キャラクターをどこまでも育てていってください。

これまでに紹介したアインシュタインさんの言葉です。

(浜本哲治)

1893年、アルベルト14歳の写真 Wikipediaより
1893年、アルベルト14歳の写真 Wikipediaより

LINEで送る