アルトゥル・ショーペンハウアーの名言 Arthur Schopenhauer

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer)Wikipediaより

紙上に書かれた思想は、砂上に残った歩行者の足跡に過ぎない。
歩行者のたどった道は見える。
だが歩行者がその途上で何を見たかを知るには、自分の目を用いなければならない。

アルトゥル・ショーペンハウアー Arthur Schopenhauer

ドイツの哲学者 作家 1788~1860


充実した人生を送ったり、夢を実現していくための原理原則、真理はどんなことにも共通しています。

それは非常にシンプルなもので、後世に語り継がれる偉業を成し遂げた先人たちは、それぞれの天賦の才や仕事などから実体感として真理に到達しています。

そしてそれぞれの視点から、その真理を表現する言葉を残しています。

その遺した言葉からは真理を感じることが大切ですね。

夢の実現や天才の研磨に表面的なノウハウでは早晩行き詰まることになります。

そしてその真理に繋がる行動はひとりひとり違うアプローチになります。

シンプルな真理も頭で理解しているだけでは、知識のコレクションが増えただけで、夢の実現に近づいたり運命が動き出すことはありません。

あなたのアプローチからその真理を体感して、実際に夢を実現していくことに使われてこそ価値のあるものになります。

私はよく「知ることと、出来ることは別物」ということをお手伝いしている方々にも言います。

そして何度も同じことを繰り返して、行動が習慣化するまでお伝えしていきます。

どんなに簡単なことでも、一度聞いただけで習慣化出来てしまうことはありません。
それが出来たら世の中にプロは存在しなくなりますからね。

これは当たり前のことなのですが、知識や情報を得ただけで満足してしまったり、出来る気になっているケースは本当に多いものです。

今の日本の閉塞感も、評論家が多くなってきたこともその一因にあるような気がします。

誰かのやったことを良いだの悪いだの、TVやネット上で盛んに議論されていますが、それだけのエネルギーを使うのであれば、実際にいいと思うものを探したり、自身の天才で開発したりして、少しでも自身で広めていった方が遥かに有効なエネルギーの使い方でしょう。

誰かを、何かを批判、評論するのではなく、自分自身が実現していってこそ言葉の価値が出てくるものです。

どうぞあなたの夢や天才の実現に、先人の遺した素晴らしい真理の言葉を評論家ではなく実践者として行動を起こしてください。

そして真理や自然の摂理を体感出来るところまで追求していってください。

これまでに紹介したアルトゥル・ショーペンハウアーさんの言葉です。

(浜本哲治)

アルトゥル・ショーペンハウアーの署名 Wikipediaより
アルトゥル・ショーペンハウアーの署名 Wikipediaより

LINEで送る