ルキウス・アンナエウス・セネカの名言 Lucius Annaeus Seneca

ルキウス・アンナエウス・セネカ(Lucius Annaeus Seneca)Wikipediaより

わずかしか持たない者ではなく、多くを望む者が貧しいのである。

ルキウス・アンナエウス・セネカ Lucius Annaeus Seneca

ローマ帝国の政治家 哲学者 詩人 紀元前1頃〜65


ルキウス・アンナエウス・セネカさんのこんな言葉もありました。

私には少しで十分、ひとつで十分、なくても十分だ。


現代人はこの貧しさに苛まれていることが多くなっていますね。

多くの物やお金を持つことが幸せになることだと妄想して、モアアンドモアでさらに得ることを追求してしまって、さらに心までも貧しくなってしまっています。

そもそも自然界では、自然界の自然に沿って活動をしていれば幸せに生きていける世界です。
自然界の自然な生き方は、与えられた天賦の才を磨いて、ひたすら愛を届けていくことです。
最高を愛を大切な人や存在に届け続けてさえいれば、必要なものは必要なだけ与えられることになります。

それを現代人は得ることばかりを考えて、与えられれば与えるというようなスタンスが強く、結果として与えられるものも少なく、さらに強欲になってしまっているという流れかもしれません。

わずかしか持たないことは決して恥ずかしいことではありません。
それよりも強欲になることの方が貧しくなることであり、結果として溢れる愛を手にすることはできません。

どうぞ与えられることに意識を向けることなく、ひたすら最高の愛を届け続けることにだけフォーカスしていってください。
そうすることで心も身体も環境も最高の幸せを感じられるようになりますよ。

自然界での真の富を与えられることは、決して難しいことではありませんし、すぐにでも実感できていくことです。

今すぐからあなたの言動を真の富に近づく方向に向けていってください。

これまでに紹介したのルキウス・アンナエウス・セネカさんの言葉です。

(浜本哲治)

ネロとセネカ、エドゥアルド・バロン(1904)プラド美術館 Wikipediaより
ネロとセネカ、エドゥアルド・バロン(1904)プラド美術館 Wikipediaより

LINEで送る