道元の名言 Dogen

道元(Dogen)Wikipediaより

他はこれ吾にあらず、更に何れの時をか待たん。

道元 Dogen

鎌倉中期の禅僧 曹洞宗の開祖 1200~1253


「自分に与えられた仕事は自分がやらないで誰がやる。また有限である私たちの一生という時間を考えれば、時間は一瞬たりとも無駄にできない。今やらないでいつやるというのか」というような内容のようですね。

自分が与えられた仕事は責任を持って遂行していくことは大切ですね。
さらに他人には決してなれませんし、他人を自分の思い通りにすることもできません。
リーダーシップを発揮するにも、他人に気づかせるにも、自分にできることは自分自身と向き合って自分のできることをやり続けていくことだけです。

安易に他人に任せたり、口先だけで人を動かそうとしても決して最良の結果は引き出せません。
ひたすら唯一自由にコントロールできる自分自身と向き合って、自分のできることに最善を尽くしていくことです。

また有限であっという間に過ぎてしまう人生の時間は、まさに命そのものです。
無限の可能性のある自然界で、有限の命の時間を最も効果的に使っていく方法は、過去や未来に囚われ過ぎて目の前の今の時間を浪費することなく、目の前の今に全エネルギーを注ぎ込んでチャレンジしていくことですね。

一瞬一瞬私たちは最期の瞬間に向かっていっています。
一瞬たりとも無駄にしてはもったいないことです。

あなたの素晴らしい夢に向けて、自分自身を研ぎ澄ましてチャレンジしていく背中を見せていってください。

そこから大きな山が動き出しますよ。

これまでに紹介した道元さんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る