ミヒャエル・エンデの名言 Michael Ende

ミヒャエル・エンデ(Michael Ende)Wikipediaより

あきらめぬ強さがあれば、幸運は必ずや訪れる。

ミヒャエル・エンデ Michael Ende

ドイツの児童文学作家 1929~1995


自然界で夢を実現していくために最も大切なことだと言ってもいいでしょう。

あきらめないためには、やはり自然界を理解していくことです。
自然界には無限の可能性があります。
人間にはまだ解明できていないことだらけなのが自然界です。
人間の目に見えているものだけが自然界の全てではありません。

たとえどんなに八方塞がりになったとしても、必ずその状況をブレイクスルーしていける道はあります。
このことを理解できていれば、あきらめることは必要なくなりますね。

あきらめないことは、自然界の理からすれば歯を食いしばって頑張るというイメージではなく、その状況を愉しんでいけると理解していくことです。

どうも「あきらめない」というととても困難なことのように考えられがちですが、そこにある見えていないものが見えてくる楽しみを愉しむことだと捉えてください。

この視点が持てると、きっと今までと見える世界が違ってきますよ。

ミヒャエル・エンデさんのこんな言葉もありました。

次の一歩、次の一息、次の箒のひと掃き。
そしてその次,その次のことだけに集中するんだ。
何もほかに考えちゃダメだ。


創造的な力は最高の人間の力である。
それは決して基礎づけられたり、習得されたりしないが、私はどんな人間もそれを身につけており、神との真の類似性―あるいは神との同一性でさえ―がその中に含まれていると確信している。


ぼくたちが目指しているのは究極のところ、詩を生の中に織り込むこと、生そのものの中に詩を見つけ出すことではないだろうか。


これまでに紹介したミヒャエル・エンデさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る