フローレンス・ナイチンゲールの名言 Florence Nightingale

フローレンス・ナイチンゲール(Florence Nightingale)Wikipediaより

物事を始めるチャンスを、私は逃さない。
たとえマスタードの種のように小さな始まりでも、芽を出し、根を張ることがいくらでもあるのです。

フローレンス・ナイチンゲール Florence Nightingale

イギリスの看護婦 看護教育学者 1820~1910


チャンスを敏感にキャッチできる感性を磨くことは、とても大切なことです。

この感性が研ぎ澄まされていないばかりに、せっかくのチャンスを見逃してしまう人はあまりにも多いですね。

またチャンスの種子、芽は何も育てようとしないところ、種子を蒔かないところには育たないものです。

作物を育てる時に人間が出来るいちばん大切なことは、種子を蒔くことです。

後は自然に任せるしかありません。
出来るだけ自然の邪魔をしないようにすること、これが次に大切なことですね。

命の危険に晒されていたら、自然の循環を大きく妨げない程度にそっと手を差し伸べてあげるだけ。

自然の最高の果実をいただくために人間が出来ることですね。

これを育ちやすいようにと耕したり、肥料などで栄養をコントロールしたり、付いた虫を排除しようとしたり、水を与えようとすることは、本来自然がやってくれることで、人間が勝手にやらなくてもいいことを増やして複雑にしていることです。

過保護にしてしまう人間の性分でしょうかね。

自然界は一粒万倍。

芽を出し、成長して、花を咲かせ、実を付け、一粒の種子から、それこそ何百、何千、何万もの種子を育てます。

そして途中で果実などを、人間をはじめ多くの生き物にも分け与え、なおかつ新たな芽吹きに備えます。

何千、何万の完全体の種子を育てても、その中から新たに芽吹く子の数はごく僅かです。

もちろん不完全なものが芽吹くことはありませんね。

もしあなたがチャンスがない、チャンスが少ないと感じているとしたら、チャンスが芽生える種子の蒔き方が少ないか、蒔いてる種子が完全体ではなく、芽吹く要素がないのではないかと検証してみるといいですね。

そしてチャンスを感じる感性は、完全体の種子を育てていこうとすること、一粒でも多くの種子を育てよう、蒔こうとするところで磨かれるものです。

どれだけ芽吹く可能性の高い種子に出来るかは、あなたが今やっていること、あなたの天才をどれだけ深く追求しているかでしょう。

そして種子はどんどん、出来るだけたくさん蒔いていきましょう。

あなたの手元では不完全でも、自然の中で熟成されて完全体になることも、自然界ではいくらでもあります。

人間界の構図は圧倒的に種蒔きが少なく、芽吹くはずのないチャンスをじっと待っている。

またチャンスが芽生える種蒔きは少なく、苦悩の種になる良くない種子をばらまいて悩み苦しんでる姿が多いですね。

どうぞ世のため人のためになる、あなたの天才の種子を大いにばらまいていってください。

チャンスを感じることは、蒔いた種子の数だけ多くなっていきますよ。

これまでに紹介したフローレンス・ナイチンゲールさんの言葉です。

(浜本哲治)

看護婦として戦傷兵を見舞うナイチンゲール(1855年)Wikipediaより
看護婦として戦傷兵を見舞うナイチンゲール(1855年)Wikipediaより

LINEで送る