マザー・テレサの名言 Mother Teresa

マザー・テレサ(Mother Teresa)Wikipediaより

大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心を込めたかです。

マザー・テレサ Mother Teresa

インドの修道女 ノーベル平和賞受賞 1910~1997


現代社会は情報が溢れ、時間に追われ、結果を求められる。
本当に世知辛い世の中ですね。

パレートの法則。
俗に言われる80:20の法則というものがあります。
簡単に言えば、8割の成果は2割の部分で達成されているということです。
 https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?256

一日の、また生涯の人間の時間は限られています。
理想はすべてのものに同じように愛を注ぐことでしょう。
しかし現実的にはなかなか難しいでしょう。

そしてこの法則は経済現象だけでなく、私たちの生活の色んな場面で言えることですね。

仕事のやり方、人間関係、自然の中にも見られます。

数をこなそうとすると効率化を考えますから心が込もっていきません。

どうでしょう。
心の込もっていない言葉を投げかけられて嬉しいでしょうか?
便利になればなるほど心が忘れられていっているような気がします。

どんなに科学、技術が進歩しても、人間社会は最後は心と心のふれあいですよね。
心通わせたところにこそ未来や道が開けてくるでしょう。

限られた時間を心通わせあえる人と有意義な時間にしていきたいですね。

これまでに紹介したマザー・テレサさんの言葉です。

(浜本哲治)

マザー・テレサの署名 Wikipediaより
マザー・テレサの署名 Wikipediaより

LINEで送る