アーノルド・J・トインビーの名言 Arnold Joseph Toynbee

アーノルド・J・トインビー(Arnold Joseph Toynbee)Wikipediaより

人間はどうして有限のものばかりを、追いかけてしまうのだろうか。
もっと無限のものの追求の喜びを知るべきだ。

アーノルド・J・トインビー Arnold Joseph Toynbee

イギリスの歴史学者 1889〜1975


自然の恵みなどの有限なものを奪いあっているのが人間界でしょう。

それが行き過ぎて、生きて、活きるために食べるのではなく、食べるために生きるようになったり、生きることさえ出来ない現状を生んでいます。

夢や目指すものは進化させることです。
有限なものが有限と分かった瞬間に、それを追求することよりさらに進化したものを目指すべきでしょう。

そして無限のものの最たるものは、あなた自身の才能の可能性ですね。

この大きな財産に気づき、どんどん追求していくことです。

自分自身を自然に沿った形で本来の夢を目指して追求していくことで、必要なものは全て与えられていきます。

全ての出来事は自分が放出するエネルギーに共鳴して起こることを心底理解して、唯一コントロールできる自分を追求していくことに変なストレスはありません。
そしてこれほど愉しいことはありません。

過去や今のあなたの状況で、無限のあなたを有限にしてしまっていませんか?

今は見えなく、感じられないかもしれませんが、あなたの目指すもの、夢にチャレンジしていくことで、それはいくらでも顕在化してきます。

限界を感じるほどのチャレンジをし続けてみてください。
あなたに可能性を感じさせる、あなたの中に眠っている潜在意識があなたの心の扉を叩いてくれます。

人生は有限の時間で、無限をどこまで掘り起こせるかです。

どうぞ何よりも人間が喜びを感じる、自分自身の進化へのチャレンジに目醒めてください。

今は目に見えない可能性がチャレンジよって見えてくる快感をお愉しみください。

あなたの思い次第ですね。

アーノルド・J・トインビーさんのこんな名言もありました。

私が最大の忠誠心を払うのは人類に対してであって、私の属する国家に対してでもなければ、この国家を支配している体制に対してでもありません。

アーノルド・J・トインビーの名言


人間の魂はいずれも、善と悪とが支配権を争って絶えず戦っている精神的戦場である。

アーノルド・J・トインビーの名言


あらゆる生物は本来、自己中心的であり、貪欲ですから、権力を握った人間は、その掌中にある人々の利益を犠牲にしても、なおその権力を己の利益のために乱用したいという強い誘惑にとらわれるものです。

アーノルド・J・トインビーの名言


どの時代の歴史を扱う場合でも、感情を交えず、偏見を持たないことは、歴史家にとってつねに不可能なことだと思う。

アーノルド・J・トインビーの名言


アメリカは狭い部屋にいる大きな人なつこい犬だ。
しっぽを振るたびに椅子をひっくり返す。

アーノルド・J・トインビーの名言


これまでに紹介したアーノルド・J・トインビーさんの名言です。

(浜本哲治)

LINEで送る