西堀 栄三郎の名言 にしぼり えいざぶろう

西堀 栄三郎【にしぼり えいざぶろう】

出る杭を打つな。
手を添えて伸ばしてやれ。

西堀 栄三郎 にしぼり えいざぶろう Eizaburo Nishibori

登山家 化学者 第一次南極越冬隊隊長 1903~1989


出る杭を打ってしまう人は、
自然界の原理原則を理解できていないか、
自分のことしか考えていない人でしょう。

その人や子のためを思えばこそ。
ともっともらしいことを言っても、
その根底には、自分に降りかかる面倒などを、
最大に心配する感情の方が強いでしょう。

また、打たれている感じることは、
とても喜ぶべきことですね。

箸にも棒にもかからないものや、
何の益にも損にもならないものであれば、
誰も何もすることなく素通りしてしまうでしょう。

嫉妬のような気持ちを、
他の人に持たれるということは、
非常に可能性を秘めていることを、
自分以外の人が証明してくれていることですから、
嬉々として磨きこんでいくことです。

叩かれたくらいで、
探求をやめてしまうようでは、
可能性の追求はできないでしょう。

ことほど左様に、
人間界は、いずれの側にいても、
未熟この上ない状況ですから、
多くの才能や可能性を、
無駄にしてしまっています。

それだけに、ただでさえ、
無限の可能性のある自然界ですが、
チャンスや可能性に溢れているということですね。

あなたの素晴らしい才能や愛は、
あなた自身の心の声を聴いて、
どこまでも伸ばしていってください。

そして、それに最も役立つものが、
自分以外の誰かの杭に、
手を差し伸べて、伸ばしてあげることですね。

それは、そのままあなたの才能にも向けられます。

西堀さんの、こんな言葉もありました。

チャンスを逃がすな。
まず決断せよ。
石橋を叩くのはそれからだ。


人材を育てる方法はただ一つ。
仕事をさせ、成功させることである。
成功経験が人を育て、
さらに大きな仕事をさせる。


とにかく、強い願いを持ち続けていれば、
降ってわいたように
チャンスがやってくるものです。
そのとき、取越し苦労などしないで、
躊躇なく勇敢に実行を決心することです。


人間は経験を積むために生まれてきたんや!


火事ぐらいでくじけるな。
失敗したら、またやり直せばいい。


以前紹介した、西堀さんの言葉です。

新しいことをやろうと決心する前に、
こまごまと調査すればするほど、
やめておいた方がいいという結果が出る。
石橋を叩いて安全を確認してから
決心しようと思ったら、
おそらく永久に石橋は渡れまい。
やると決めて、どうしたらできるかを調査せよ。

https://goo.gl/Hc19wy


従来の教育には、
「教」はあっても「育」がありません。
育てるということは、
「成功」の味をしめさせ、
「失敗」に学ばせることです。
育てるということは、
「調子に乗らせて」いやがうえにも意欲を高め、
それによって能力を増大することです。
育てる心を支えるものは、
「君子危うきに近寄らず」ではなく、
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」の哲学なのです。

https://goo.gl/jifRRt


(浜本哲治)

滋賀県東近江市にある西堀榮三郎記念探検の殿堂 Wikipediaより
滋賀県東近江市にある西堀榮三郎記念探検の殿堂 Wikipediaより