新渡戸 稲造の名言 にとべ いなぞう

新渡戸 稲造【にとべ いなぞう】Wikipediaより

人間は生まれ育った環境が違うのだから、
それぞれの考え方やものの見方が
違うのが当然である。
その違いを認め合い、
受け入れられる広い心を持つことが大切。
これが『国際的な感性』である。

新渡戸 稲造 にとべ いなぞう Inazo Nitobe

教育者 思想家 1862〜1933


これが、自然界の自然な感性とも言えるでしょう。

今の人間界で、見失われている感性ですね。

また、これが必要なのは、
人間界の中に限ったことではありません。

自然界全体に対して、
人間が養わなければならない感性でしょう。

それが、子どもであっても、
違うのが当たり前。

自分自身においても、
昨日と今日は違って当たり前です。

この大前提を心得ていなくては、
可能性をどんどん狭めてしまうことになります。

これは、自然界の原理として、
理解、体得していけば、
広い心を持とうとしなくても、
当たり前に受け入れることが、
できるようになるでしょう。

ぜひ、自然界の自然として、
全ての違いを受け入れて、
その上で、真の愛である、
ともに目指していけるものを、
見出してください。

新渡戸さんの、こんな言葉もありました。

逆境にある人は常に
『もう少しだ』と思って進むがよい。
いずれの日か、前途に光明を望むことを疑わない。


強き人はよく耐える。
よく耐える人を強者という。


武士道とは、その象徴の桜の花と同じく
日本に根づいた固有の文化である。
それは干からびて血の通わない標本として、
日本の歴史に埋もれているものではない。
それは今でも私たちの
精神力と美意識に根づいているのである。


武士道は知識を重んじるものではない。
重んずるものは行動である。


武士道精神は損得勘定をとらない。
むしろ足らざることを誇りにする。


以前紹介した、新渡戸さんの言葉です。

いわゆる十分に力を出す者に限って、
おのれに十二分の力があり、
十二分の力を出した者が、
おのれに十五分の力あることがわかってくる。

https://goo.gl/6wJV5L


(浜本哲治)

内村鑑三、宮部金吾と共に札幌農学校時代 Wikipediaより
内村鑑三、宮部金吾と共に札幌農学校時代 Wikipediaより