カート・ヴォネガットの名言 Kurt Vonnegut

カート・ヴォネガット(Kurt Vonnegut)Wikipediaより

神よ、願わくば私に、
変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、
変えることのできる物事を変える勇気と、
その違いを常に見分ける知恵とを授けたまえ。

カート・ヴォネガット Kurt Vonnegut

米国の小説家 エッセイスト 劇作家 1922〜2007


こういう能力、才能は、
本来、全ての人の中に備わっているものでしょう。

後は、それをいかに引き出していくか。
それに尽きるでしょうね。

そのすでに備わっている才能、能力の発露を妨げているのが、
「思考」「習慣」ですね。

そして、そのことに気づけずに、
その才能、能力を外に求めようとして、
苦しんでいるのが、人間かもしれません。

例えば、天候などの環境は、
変えることのできないことですが、
本来、人間の身体は、天候などの自然には、
非常に高い順応性を持っています。

その基本的な機能を、低下させることなく、
保持、向上していけば、余裕は生まれてきますが。

これを、例えば寒さ、暑さなどに対して、
必要以上に着込んだり、エアコンなどの機器に頼り、
一時しのぎ的な環境の変化を起こすことで、
基本的な機能が、どんどん低下していき、
環境の変化に順応できなくなっているだけです。

また、変えたい、実現したい。
という思いはあり、一気には変えられなくても、
それをできることを積み重ねていくことで、
変える、実現していく能力も備えられています。

思いのままに、行動を起こし、続けていけばいいのですが、
上手くいかなかったらどうしようと考えてしまったり、
実際に自然界では、20:80の法則が働いていますから、
その多くが上手くいかないことの連続になりますので、
その現象に囚われて、才能、能力がないのではないか
というような思考に縛られていってしまっています。

自分自身を信じる力が、
思考によって低下しているだけですね。

そして、遭遇する全ての出来事の本質を、
人間の潜在脳は、見事に捉えているのですが、
過去に思考領域で記憶したことだけで、
判断しようとし過ぎるために、
これまた、自分に能力、知恵がないような、
錯覚を起こしているだけです。

全ては、あなたの中に授けられています。備わっています。
それを、上手に引き出していくだけですから、
常に向き合っていくのは、自分自身の内に向けてです。

備わっている素晴らしい才能、能力を、
高め、引き出していくために必要なことは、
あなた自身を、どこまでも信じてあげることですね。

ヴォネガットさんのこんな言葉もありました。

みなさんにもひとつお願いしておこう。
幸せなときには、幸せなんだなと気づいてほしい。
叫ぶなり、つぶやくなり、考えるなりしてほしい。
「これが幸せでなきゃ、いったい何が幸せだっていうんだ」と。


幸せと感じた時だけではなく、
全ての遭遇する出来事には意味があり、
進化のために貴重な宝が隠されています。

全ての出来事が幸せの源泉になると考えて間違いありませんから、
その宝物を見つけだすためにも、
常に、つぶやいていくといいでしょう。

その繰り返しが、あなた自身を信じることにも繋がっていきますね。

(浜本哲治)

LINEで送る