フリードリヒ・ニーチェの名言 Friedrich Nietzsche

1868年のフリードリヒ・ニーチェ(Friedrich Nietzsche)除隊する際に撮影 Wikipediaより

信念は嘘よりも危険な真理の敵である。

フリードリヒ・ニーチェ Friedrich Nietzsche

ドイツの哲学者 1844~1900


夢を実現していくためには、信念を持つことはとても大切なことです。
信念なくして実現はあり得ませんからね。

ただ自分の天賦の才の道を究めようとチャレンジしていく過程で、ある程度の域に達してくると、この信念が進化の邪魔をすることがあります。

どんな分野でも、完全に極めてしまえるほど底の浅い分野はないでしょう。
一人の人間の生涯を賭けて追求して行っても難しいでしょう。
追求すればするほどに、さらに先があることに気づいていきます。

またその向かっている方向、やっていることが真理や自然の摂理から外れていることがあります。

自分自身で疑問を持っていることは、気づきやきっかけがあれば変えることが出来ますが、妄信しているとなかなか気づけなくなっていたり、柔軟性に欠けてしまうことがありますね。

真理と思い込んでいたことが実は違っていたということも本当に多いものです。

偉大な先人たちが追求してきた科学の分野でも、天動説が信じられていたように、ニュートン力学が古典力学と言われるようになったように、その追求、解明に終わりはありません。

また真理や摂理に沿って追求している場合であっても、その追求のアプローチ方法は無限に存在していて、近視眼的になってしまうことは可能性を狭めてしまうことになります。

こういう傾向は、他の意見や見解を否定し始めるところから現れてきます。

もちろん他人の言葉に振り回されたり、目指すものを見失うこととは違います。

心、脳の柔軟性の問題ですね。

どの段階においても信念を持つことは大切なことですが、信念を持つことと柔軟性を保つことは相反するものではありません。

柔軟性を失う傾向としては、目の前に見える小さな目標を積み上げていけば、大きな目標を実現していけるという過去からの延長線上に未来を見ている人に多い兆候です。

まず出来るだけ大きな夢、理想があって、その未来から今を見て、今出来る小さな目標を設定する。

常に到達点と今を結んでいる人は柔軟性を失う傾向は少ないです。

どうぞ心の柔軟性だけは失わないように、理想を常に念頭に置きながら目の前の夢にチャレンジしてください。あなたの天才の追求をしてください。

プライドや固執に囚われることなく、どこまでも自由な心と、しなやかで強靭な心を持って真理、摂理に繋がる可能性の広がる夢を実現していってください。

これまでに紹介したフリードリヒ・ニーチェさんの言葉です。

(浜本哲治)

左からルー・ザロメ、パウル・レー、ニーチェ。1882年ルツェルンにて Wikipediaより
左からルー・ザロメ、パウル・レー、ニーチェ。1882年ルツェルンにて Wikipediaより

LINEで送る