アルトゥル・ショーペンハウアーの名言 Arthur Schopenhauer

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer)Wikipediaより

天才というのは知性によってではなく、狂気によって生まれる。

アルトゥル・ショーペンハウアー Arthur Schopenhauer

ドイツの哲学者 作家 1788~1860


誰にでも天賦の才、天才は必ずあります。
ただそれを磨くことなしに、それが輝くことはありませんね。

そしてその天才で生きていこう、多くの人に幸せと感動を届けようと思うなら、とことん磨いていくしかありません。

気持ちいいほどにやってるだけでは、いつまで経っても眩しいほどに輝きを放つこともないでしょう。

五体満足で、健康で何でも出来ることは素晴らしいことですが、どうもこの何でも出来る状態が天才の発露を妨げているケースも多いですね。

あれもそこそこ、これもぼちぼち、折角の才能をこういうやり方で埋もれさせている人をたくさん見てきました。

才能を発揮する人は例外なく没頭していった人です。
周りに何を言われようが自分の才能をとことん掘り下げた人です。
自分の天才を磨くこと以外のことは一切遮断するかのように、いわゆる馬鹿になって追求した人です。

子どもの頃には誰でも没頭することは出来ていたのに、大人になるに従って何かに没頭することが出来なくなっていますね。

賢くなって色んなことを考え過ぎなのでしょう。

天才の原石は少なくとも3年くらいは没頭して磨き込まないと、その本当の姿は見えてきません。

自然の草木はみんな天才です。
自分の咲かせる花を知っていますからね。
そのひとつの花を咲かせるために全精力を注ぎ込んでいます。

あなただけの花しか咲かせられないんですよ。
あの花この花なんて咲かせられることはありません。

自分が咲かせられる花が分からないのであれば、今咲かせようとしている花を全身全霊で咲かせようとしてみてください。そうすれば見えてきます。

もし咲かせる花が違っていれば、運命によって本当の花に導かれますから。

すべてを中途半端にしているから何も見えてこないんです。
エネルギーを集中させたところに色んなものが引き寄せられるものです。
分散した何ものなのか分からないエネルギーに魅力を感じる人もいません。

あなたの天才にあなたのエネルギーを全て集中させるから、奇跡と思われるような運命を動かすことが出来るんですね。

周りが心配するほどに馬鹿になってひとつのことを追求していますか?

いつからでも遅くはありません。

人生の本当の醍醐味を味わうには、あなたの天才とともに人生を過ごすしかありませんよ。

天才が生まれるのはまさにこの言葉の通りですね。

これまでに紹介したアルトゥル・ショーペンハウアーさんの言葉です。

(浜本哲治)

『意志と表象としての世界』完成の三年前、27歳頃の肖像。L・S・ルール画 Wikipediaより
『意志と表象としての世界』完成の三年前、27歳頃の肖像。L・S・ルール画 Wikipediaより

LINEで送る