アルベルト・シュヴァイツァーの名言 Albert Schweitzer

アルベルト・シュヴァイツァー(Albert Schweitzer)Wikipediaより

少年の頃の理想主義の中に、
人間にとっての真理が潜んでいる。
そして少年の頃の理想主義は、
何ものにも換えることが出来ない
人間の財産である。

アルベルト・シュヴァイツァー
Albert Schweitzer

ドイツ出身の神学者 哲学者 医者 オルガニスト 音楽学者 ノーベル平和賞受賞者 1875〜1965


人間は進化のためには、
常に理想を追求していくべきでしょう。

理想は実現しないから。
と諦めてしまっては、
何も進化へとは進んでいきません。

元来、自然界で目指すべきものは、
どこまでも高みがあって、
極めることのできるものは何もありません。

ただ、常に進化している自然界は、
その無限の可能性を、それぞれの存在が、
追求しているからこそ実現しています。

どうも、人間だけが、
理想や自然界の自然から、
目を背けているのかもしれませんね。

何も知らない時に、
純粋に思う思いが、
とても大切なことになります。

そこに体験や思考が入っていくと、
人間はどんどん、本来目指すべき方向ではない方へ、
進んでしまう傾向があるようですね。

理想は実現しないからこそ意味があって、
それが無限の可能性を物語るものになります。

常に手の届かない理想に、
精一杯近づこうとするからこそ、
現実の今の進化が実現していきます。

ぜひ、あなたの純粋な思いを、
あなたの能力に授けて、
著しい進化の流れに乗せてあげてください。

シュバイツァーさんの、こんな言葉もありました。

人を動かすには模範を示すことが大切だ。
というよりそれ以外の方法はない。


認められるまでは、嘲笑される。
これは真理の常である。


これまでに紹介した、シュバイツァーさんの言葉です。

(浜本哲治)