アルベルト・シュバイツァーの名言 Albert Schweitzer

アルベルト・シュバイツァー(Albert Schweitzer)Wikipediaより

世界の快癒は、いろいろな処置をほどこすことによってではなく、
ものの考え方を、改めることによってもたらされるのだと、
世界自身が気づくときに、ようやく世界は立ちなおることができよう。

アルベルト・シュバイツァー Albert Schweitzer

ドイツの哲学者 医者 神学者 ノーベル平和賞受賞 1875~1965


今、世界は色んな面で病んでいます。
争いはなくならないし、経済も、政治も、健康も、自然環境も。。。

私の専門分野である人間の健康に関しても、これだけ医学、科学が進歩しても一向に病人の数は減っていきません。
むしろ年々増えていってます。

この大きな要因は、なぜ病気になるのか。という根本的な原因を解決しようとしないことですね。

病気になった時に対処療法、応急処置をすることに躍起になっています。

確かに痛みを和らげたり、進行を抑えたりは出来ますが、根本的な原因を取り除かなければ、また同じ病気を早晩発症することになります。

多くの人が悩まされている病気の大半が、人間の生活習慣によって引き起こされています。
簡単に言えば思考ですね。考え方ですね。

また健康を作っていくはずの食べ物も病んでいます。
野菜なども30〜40年前の1/10の栄養価しかなく、肥料まみれ、薬まみれになっていますから、生活習慣を変えても健康は危うい状態です。

さらにモア&モアの経済が大量の偽りの情報を流していることも、健康に大きな影響を与えてますね。

この人間の健康の問題は、そのまま自然環境の問題にも同じことが言えるでしょう。

生命体である地球の健康の問題は、災害が発生している部分だけの問題ではありません。
単に全体の健康の問題が、ある一部分で病気のように発生しているだけです。

これらの病んだ状態は、すべて突き詰めていくと、私たちひとりひとりの考え方が引き起こしている問題です。

この問題を解決していくには、政治や国に頼っていてもダメでしょう。
もっとも早く確実な方法は、私たちひとりひとりが考え方を変えていくことでしょう。

健康になるのに特別なことは必要ありません。

どうぞ身体のこと、自然のことを正しく知ってください。
そして考え方を変えてください。

パレートの法則、20:80の法則にあるように、20%の人が気づけば世界は変わります。
 https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?256

病んだ世界を快癒させられのはあなたですね。

これまでに紹介したアルベルト・シュバイツァーさんの言葉です。

(浜本哲治)

LINEで送る