羽生 善治の名言 Yoshiharu Habu

羽生 善治(Yoshiharu Habu)Wikipediaより

長い時間考えた手がうまくいくケースは非常に少ない。

羽生 善治 Yoshiharu Habu

将棋棋士 史上初の将棋7冠王 1970~


「思考」より「思感」「閃き」を大切にすることはとても大切なことです。

思考は非常に狭い領域にインプットされた情報だけを頼りに、記憶に残っているものが引き出されるものですが、思感、閃きは記憶に残っている情報だけでなく、これまでに見聞き、体験した全ての情報から、目の前の現象にそぐうかたちで引き出されるものです。

さらに脳は受信機の役割も果たしていますから、これまで経験していないことも情報としてキャッチして引き出されることもあります。

これらのことを考えると、この言葉は真実を表現していることは容易に想像できます。

現代人は「思考」を中心に教育を受けてきていますので「思感」「閃き」を上手く使えなくなっています。

しかしこれは意識的にトレーニングしていくことで誰もが使えるようになっていくものです。

その第一歩が思考を手放すことですね。

考えることをやめると閃きが引き出されることはよくあることで、誰もが何度も経験していることでしょう。

最初は思考で出てきたものなのか、閃きなのか理解できない場合が多いですが、思考が最も働いていない寝起きのタイミングを毎朝感じてみると、その違いを把握できるようになります。

私はこのタイミングを「閃きのゴールデンタイム」と呼んでいますが、この瞬間を毎朝楽しみにしています。

どうぞ思考を遥かに凌駕する閃きを自由自在に引き出せるようになってください。

この閃きで引き出された情報は必ずあなたの夢の実現に大いなる力を与えてくれるものになっていきますよ。

これまでに紹介した羽生善治さんの言葉です。

(浜本哲治)

チェスに興じる羽生(国際将棋フォーラム2014)Wikipediaより
チェスに興じる羽生(国際将棋フォーラム2014)Wikipediaより

LINEで送る