ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言 Johann Wolfgang von Goethe

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)Wikipediaより

焦ることは何の役にも立たない。
後悔はなおさら役に立たない。
焦りは過ちを増し、後悔は新しい後悔をつくる。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe

ドイツの詩人 小説家 劇作家 1749~1832


焦りや後悔は無理をすることにも繋がってきますから、本当に即座に手放したいですね。

自然界には無限の可能性がありますから、たとえそれがどんな状況であれ、それをブレイクスルーしていける道は必ずあります。

焦っていたり、後悔に苛まれていてはこの道も見えてきません。

起こってしまったことは、たとえ一瞬前のことであってももうどうすることもできませんし、無かったことにすることにもできません。

自由にできることは、常に目の前の今だけです。

感情は人間であれば誰でも感じるものですし、エネルギーですから感じることは素晴らしいことです。
焦ったり、後悔の感情ももちろん感じることは普通で素晴らしいことなのですが、問題はその感情に囚われてしまうことです。

感じた感情の原因などに気に病むことは早々に手放して、次に向かうために目の前の今にできることに感情のエネルギーを注ぎ込むことですね。

どうぞ感情のエネルギーを推進力のエネルギーに転換していく術を身につけてください。
そして目の前の今に全エネルギーを注ぎ込んでチャレンジしていってください。
それでこそ、あなたの素晴らしい才能が生かされてきますよ。

これまでに紹介したヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテさんの言葉です。

(浜本哲治)

ゲーテのサイン Wikipediaより
ゲーテのサイン Wikipediaより

LINEで送る