エピクロスの名言 Epikouros

エピクロス(Epikouros)Wikipediaより

自然に強制を加えてはならず、
むしろ、これに従うべきなり。

エピクロス Epikouros

古代ギリシアのヘレニズム期の哲学者 エピクロス派の始祖 紀元前341〜270


人間は、昔から自然を征服しよう、
自分たちの意のままにしようとしてきた歴史があります。

しかし、これは不毛な試みでしょう。

それよりも自然に沿って、
まだまだできる進化を実現していった方が、
遥かに未来の子どもたちのためになるでしょう。

自然界の存在は、自然を超えようとするのではなく、
自然に沿っていくことですね。

自然がなくなれば、存在できませんからね。

またこれは、自然の産物である、
人間そのものにも言えることでしょう。

誰かに対して、強制、矯正することは、
自然に対してそうしているのと、
同じだと考えればいいですね。

自然のままを生かしていくことが、
自然界の自然です。

自分自身の、才能、能力にしても同じですね。

心が感じたものを、そのまま生かすこと。
不自然なストレスを感じることは、
できるだけしないことです。

自然界の自然に沿って、
ぜひ、あなたの素晴らしい才能、愛を開花させてください。

エピクロスさんの、こんな言葉もありました。

困難が大きいほど、
それを克服したときの栄光も大きくなる。
熟練した操縦士は、
嵐や暴風に耐えて名声を得る。


自分が出来ることを、
神に頼んでも無駄である。


正義のもたらす最大の実りは心の平静なり。


無から有は生じない。


以前紹介した、エピクロスさんの言葉です。

自分の持っているものを、
十分に自分にふさわしい富と考えない人は、
世界の主となったとしても不幸だ。

http://www.pt-hamamoto.biz/index.php?1082


(浜本哲治)