ジョン・ウドゥンの名言 John Wooden

ジョン・ウドゥン(John Wooden)Wikipediaより

人が本当に負けるのは他人を責めた時だ。

ジョン・ウドゥン John Wooden

米国のバスケットボール指導者 伝説的なコーチ 1910〜2010


自然界ではどんな現象も、
自分のエネルギーに共鳴して、
起こっていると考えて間違いありません。

そこのところ、自然界の本質を理解しないと、
常に誰かや環境などのせいにしてしまう傾向は、
続いていくでしょう。

そして、自分以外の誰か、何かのせいにした瞬間に、
自分自身に大きなダメージを受けていることを、
自覚していくことですね。

また、そこから先の進化が難しくなってしまいます。

全ての身の周りに起こる現象は、
自分自身から醸し出されたエネルギーが、
引き起こしているわけですから。

やるべきことは、自分自身のエネルギーを磨くことですね。

自分のせいにする。
ということは、
誰かや何かのせいにしたいのに、できない。
というような感覚もありますから。

これでは、進化の道には進めません。

気持ちよく全てを受け取っていくことです。

その上で、進化の道を探っていくことですね。

表面的な後退や、結果がどう出たかは、
失敗でも敗北でもありません。

その上で、いかに次の道を探していくかで、
いくらでも高みには登っていけます。

全てを自分が醸し出したエネルギーの影響だと、
快く結果を受け取っていくことは、
決して心身のダメージにはなりません。

結果を受け取ること、受け止めることから、
真のチャレンジの始まりです。

ウドゥンさんの、こんな言葉もありました。

自分への評判より、
自分の人格を気にしなさい。
人格は、あなたの本来の姿であるが、
評判は、他人があなたをどう見ているかにすぎないのだから。


才能は神が与えたものだ。
謙遜になりなさい。
名声は人が与えたものだ。
感謝しなさい。
うぬぼれは自分で与えたものだ。
注意しなさい。


負けたからといって頭を抱える必要はない。
勝ったからといって大喜びする必要もない。
最善をつくしたならば。


成功とは、なりうる最高の自分になるために
ベストを尽くしたと自覚し、
満足することによって得られる心の平和のことだ。


大切なのは、小さなことだ。
小さなことが、大きな出来事をひき起こす。


その日その日を傑作にするつもりで生きれば、
天使にだってできないようなことができるようになる。


以前紹介した、ウドゥンさんの言葉です。

できないことに、
できることの邪魔をさせてはいけない。

http://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?1418


(浜本哲治)