ネルソン・マンデラの名言 Nelson Mandela

ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)Wikipediaより

勇者とは怖れを知らない人間ではない。
怖れを克服する人間のことなのだ。

ネルソン・マンデラ Nelson Mandela

南アフリカ共和国元大統領 ノーベル平和賞受賞 1918~2013


人間に恐怖心があるのは、
その身を、危険から守るためで、
生きていくためには、
ごく自然な感情です。

そして、その恐怖心の根源は、
死に対する恐怖ですね。

このことからも、恐怖心が、
人間の心から、なくなることはありませんし、
恐怖を感じないとすると、
逆に、それは、とても危険なことですね。

現代人は、さらに、
恐怖心が細分化されて、
色んな行動に影響を与えています。

一見、恐怖心からでないような言動も、
その心の根源を探っていくと、
ネガティブな言動の根源は、
その多くが、恐怖心と言ってもいいでしょう。

恐怖心と向き合うには、
それを無くそうとすることは、
無理がありますので、
上手に付き合っていくしかないのですが。

まずは、ゴールが、誰にでも、
必ずあるのだということを、
認識することでしょう。

そして、いつゴールを迎えてもいい。
と覚悟できれば、いちばんですが。

少なくとも、自分でゴールを設定して、
人生を組み立てることで、
恐怖心が要因で発せられる、
些末なネガティブな言動は、
極端に減ることになりますね。

目の前の出来事に、
恐怖心を感じた場合、
その感じた心を、
何とかしようとする、
克服のやり方では、
恐怖心は増幅するばかりです。

これは、心を向ける対象を変える方法で、
克服していった方がいいでしょう。

「フォーカスチェンジ」ですね。

その効果を上げるためには、
あらゆる恐怖心を超える、
心を向けられるものを、
明確に持っておくことです。

やはり、あなたの夢でしょうね!

起こってしまったことに対するもの、
まだ見ぬ、未来への漠然としたものや、
確信しているもの。

さらに言えば、虚栄心なども、
その根底は、恐怖心です。

このように、日々、
心が、恐怖を感じることは、
数多く訪れますから。

確固たる、夢を、
もちろん、期限も明確にしたものを、
しっかりと、持っておくべきですね。

また、あなたに投げかけられる、
人からの、ネガティブな言動なども。

ひとつは、その人の、
何らかの恐怖心から、
現れているのだと思えば、
許し、受け入れることも、
出来るようになりますね。

また、そこにあなたがフォーカスすることは、
その人の恐怖心を増幅することになりますから、
あなた自身の感情もありますが、
その人に対しても、苦しめることになりますので、
触れる時は、よくよく考えた方がいいですね。

いずれにしても、あなたの心は、
あなたの素晴らしい夢に、
常に、フォーカスしてください!

恐怖心の克服は、ここに尽きますね。

これまでに紹介した、マンデラさんの言葉です。

(浜本哲治)

ネルソン・マンデラのサイン Wikipediaより
ネルソン・マンデラのサイン Wikipediaより

LINEで送る