アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)Wikipediaより

私は天才ではない。
ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ。

アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein

理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞 1879~1955


天才という言葉を聞くと、持って生まれた並みはずれた才能があって、なんの努力もなしにその才能が発露する。

こんなイメージがあるかもしれませんが、これは違いますね。

まず天才の種子は、誰にでもあります。
それに気づくことが出来るかどうか。

そして、それを何があってもやり続けられるかどうか。

私も、天才と呼ばれた人を何人も見てきましたが。
どの人も、想像を絶するほどの努力をしていました。

ただ本人たちにとっては「努力」という言葉とは、縁遠いほど涼しい顔して当たり前にやっていました。

歯を食いしばってとか、眉間に皺をよせて辛いと思ってやることでは、天才を開花させることは難しいでしょう。

また、人並み外れた才能を持っていながら、その才能を生かしきれずに埋没していった人もたくさん見てきました。

才能を開花させて多くの人を感動させる、高いレベルのパフォーマンスを発現させるには、たくさんの障害が待ち構えています。

何があってもやり続けるには、やはりどうしても好きなこと、やりたいことでないと難しいですね。

自分や育てる人の才能を育てるには、嬉々としてやり続けられなければ意味がありません。

好きなことをやっていても、出来ないところや欠点にフォーカスしてしまうと途端にやる意欲も失せてきますね。

あれもこれもをやっていても、すべてが中途半端に終わるだけですね。

天才を発揮させるためには、すべてのエネルギーを一点に集中させてこそ可能になってきます。

天才の種子は、必ずあなたの中にあります。

天才を芽吹かせ、開花させるには。
「打算」「仕方なく」ではなく「純粋な夢」「好きなこと」
「分散」「漫然」ではなく「集中」「継続」
「努力」「頑張る」ではなく「当たり前」「楽しむ」

一度だけの、限られた時間の人生です。
あなたの天才で、誰かを感動させる人生になったら、こんなに素敵な人生はないですよね!

それは決して夢物語ではありません。

これまでに紹介した、アインシュタインさんの言葉です。

(浜本哲治)

小石川植物園での歓迎会の様子(1922年11月29日)Wikipediaより
小石川植物園での歓迎会の様子(1922年11月29日)Wikipediaより

LINEで送る