アルベルト・アインシュタインの名言 Albert Einstein

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)Wikipediaより

成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。

アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein

理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞 1879~1955


あなたの夢は何ですか?

私がお会いした方によく投げかけるフレーズですが、どんな夢であっても、夢を持つことが尊いことで、夢に対する思いの強さがあれば、その夢は実現していくでしょう。

夢は本当に様々ですが、やはり多いのはお金などの財産に関すること、地位や名誉などでしょうか。

年収、年商などの目標を持つことや、役職や行きたい学校や会社などの夢を持つことは大切なことですが、これはあくまでも結果や手段であって、その実現を容易にしていくためには、自分自身がどう世の中の役に立つか、これをもっともっと夢の中心に据えた方がいいですね。

あなたの何を磨いて、その天才で世の中がどうなるのか。
どれだけの人が喜んでくれるのか。幸せになれるのか。

究極のところは何なのか?

多くの人に役立ってこそ、手段として使えるものや結果として与えられるものは付いてくるものです。

今の経済至上主義の人間界にあっては、本来手段であるべきものを目標などに据えてしまっているので、それこそ手段を選ばないことをやってしまったりするわけですね。

収入のためにはモラルをも冒し、収益のためなら自然のことは度外視。

これでは行き詰まってしまうのは火を見るより明らかなことです。

今後ますますその傾向は顕著になっていくでしょう。

手段を目的にしてしまうと人生はつまらない苦しいだけのものになってしまいます。

あなたが世の中に役立つ人になれば間違いなくそれで生きていけます。

ただしこれからは自然環境や自然の摂理を無視したことは、なかなか実現が難しくなりますね。

あなたの夢の中心には、究極の姿と自然を据えて、あなたの天賦の才である天才をひたすら磨いていくことです。

そしてその天才の磨き方は、多くの人に受け入れられようとして磨いていくのではなく、一人の人を感動させられるように磨いていってください。

一人の人を感動させて幸せを届けられるあなたの天才になれば、それを同じように必要としている多くの人に幸せを届けられることになります。

生きていけるのは結果であって、生きていくために天才を磨こうとするのは大した輝きを放つ天才にはなりません。

今人類は転換期に入っています。

世の中で起こっていることを見ていれば感じられることですね。

もう一度あなたが目指すもの、あなたの世のために役立つ天才を感じ直し、見直して、あなたの人生設計、夢や志を見つめ直すタイミングでしょう。

大事が起こらないと価値観や行動を変えられないのが人間の、特に日本人の特徴ですが、世の中が変わろうが変わるまいが、あなたの人生をより充実したものにしていくことは常に考え、準備、チャレンジしていくべきでしょう。

一度しかない限られた人生ですからね。

あなたの心は感じているはずです。

あなたがあなたらしく生きられているのか。
何かがおかしいと思いながらも、日々に流されていることも。

あなたの天才を磨くことは、いつからでも遅くありません。

あなたがどういう道を選ぶのかも、あなたが心を縛りつけない限り自由に決められます。

あなたの生き様、どんな夢を抱き実現していくかは、あなただけのことではありません。

あなたの天才を待ち焦がれている人、未来を生きる子どもたちの人生にも影響を与えることをどうぞお忘れなく。

これまでに紹介したアインシュタインさんの言葉です。

(浜本哲治)

アインシュタインが提出したアメリカ合衆国帰化申請書 Wikipediaより
アインシュタインが提出したアメリカ合衆国帰化申請書 Wikipediaより

LINEで送る