アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)Wikipediaより

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことだ。

アルベルト・アインシュタイン Albert Einstein

理論物理学者 ノーベル物理学賞受賞 1879~1955


人間は、どうしてこうも型にはめたがるのでしょう?

秩序を守るためでしょうか?
永々と争いの無くならない世の中が、果たして秩序が守られていると言えるのでしょうか?

これは世間一般で言われている常識に限らず、個人個人の価値観もそうでしょうね。

私の常識と思っていることが、必ずしもあなたの常識ではありません。

人間はとかくこうあるべきだという、個人の価値観を他に押し付けようとします。
それが、さもあなたのためだと言わんばかりに。

まさにこれは偏見でしかありませんね。

ひとりの人間の考えられること、知識の深さや器の大きさなどはたかが知れています。
その価値観は自分だけで持っていればいいでしょう。

人間の価値観も、時の流れとともにどんどん変化していきますからね。

どうも、この「こうあるべきだ!」という偏見に、人間は苦しめられているような気がします。

他人に対しても、自分に対しても。

10年前の常識は、今の非常識。
日本の常識は、世界の非常識。

人間の創ったものなんて、この程度です。

常識を教えるより、学ぶより、自然の摂理を教え学んだ方がいいですね。

挨拶は大切なことだから、自分からしようね!と子どもたちに教えるよりは。

自ら実践する背中を見せることと。
愛は与えれば与えるほど、与えられる。
という自然の摂理を、実際に自然を見ながら伝えた方が、よほど身に付きますね。

これは常識。こうあるべきだ。こうでなきゃいけない。
これはたぶん、あまり意味のないことでしょう。

常識や偏見に囚われて苦しんでいませんか?

あなたの天才を開花させるためにも、常識に囚われないことはとても大切なことです。

自分自身で、苦しい型にはまろうとしていませんか?
才能の発露は、常識を超えるところにあるものです。

せっかくの才能を、並の能力で終わらせないでください。
本当にもったいないことですから!

どうぞ、心を常識から解き放ってあげてください!

これまでに紹介した、アインシュタインさんの言葉です。

(浜本哲治)

アインシュタインが東北帝国大学を訪問した際の記念写真(1922年12月)左から本多光太郎、アインシュタイン、愛知敬一、日下部四郎太。Wikipediaより
アインシュタインが東北帝国大学を訪問した際の記念写真(1922年12月)左から本多光太郎、アインシュタイン、愛知敬一、日下部四郎太。Wikipediaより

LINEで送る