ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの名言 Johann Wolfgang von Goethe

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)Wikipediaより

何事も初めは難しい、ということわざは、ある意味では真理かもしれないが、より一般的には、何事も初めは容易だ。
最後の段階に登ることこそ一番難しく、これに登り得る人間は稀だ、といえる。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe

ドイツの詩人 小説家 劇作家 1749~1832


夢にチャレンジしていく時には、いくつかのハードルがあります。
簡単に分ければ、始めること、継続していくこと、そして極めていくこと。

ただ天賦の才、天才や夢の追求にもちろん終わりはありません。極められることもないでしょう。

追求していけばいくほど、どんなことでも奥深く、極めたという心が驕りになり、その先が見えなくなるだけで、極めるのではなく追求をやめたということでしょう。

しかし単に続ける段階から、極めることにチャレンジしていく段階が明らかに違うステージとしてあります。

この言葉にもあるように、夢や天才を磨いていくことに踏み出すことが出来ずにいる人が非常に多いために、始めることの難しさが一般には言われていますが、続けていくことはさらに難しく、極めていくことはまたさらに難しいものです。

始めることはきっかけと勢い、勇気を出せば踏み出せます。
これはある意味一瞬のことでしょう。

ひとつのことでそれなりの成果を出していくためには、どうしてもある程度の時間をかけて小さなことを積み重ねるしかありません。

それをたゆまなく続けることは、例えそれがどんなに好きなことでも、ある程度の忍耐力が必要になりますね。

そして高いレベルのチャレンジを継続させることは当たり前のことになり、その先のさらなる高みへの追求が始まります。

継続することは忍耐力などの、一般に言われる努力をすることで実現していきますが、その先は努力プラスアルファの感性が必要になります。

潜在能力へのアプローチや人為的に見える部分だけでなく、未知の能力や心、真理、自然の摂理などの目に見えないけど存在するものを感じ取る心ですね。

どの段階でも必要なことではありますが、極めていく段階ではこれは必須のものになるでしょう。

ひとつのことを追求していく中で、これだけの段階がありますから、まずは始める段階、続けていく段階は早く通り過ぎて、極めていく段階に突入していきたいですね。

ここからが本当の勝負、真価を問われるところです。

どうぞあなたの天才を極めていくチャレンジに取りかかってください。

あなたの天賦の才はこの世界に必要なものだからこそ、あなたの生とともにあなたに与えられているものです。
これを追求することなく人生を終わる人があまりにも多いために、人間界の進化が遅れているのでしょう。

人間もいつまでも自然を破壊するだけのステージにいてはいけません。
次のステージに進化していくためにも、あなたの天才が人類に必要なものです。

どんな分野であっても、自然の摂理を無視して極めることは出来ませんから、それを知ることになるわけです。

だからこそ極める段階に突入する人が多くなればなるほどに、自然は守られていくことになっていきます。

そして極めることに一番大切な感性を最も高度に磨いてくれるのは自然ですからね。

これまでに紹介したヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテさんの言葉です。

(浜本哲治)

ワイマールに立つゲーテとシラーの像 Wikipediaより
ワイマールに立つゲーテとシラーの像 Wikipediaより

LINEで送る