ヘレン・ケラーの名言 Helen Keller

ヘレン・ケラー(Helen Keller)Wikipediaより

個性は安らぎや静けさの中で生まれるものではありません。
試練や苦しみを経験することでのみ、魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ、野心が鼓舞され、成功が手に入るのです。

ヘレン・ケラー Helen Keller

米国の社会福祉活動家 教育家 著述家 1880~1968


平穏無事に。
誰もが願うことでしょうか。

私たちは、エネルギーの中で生きていますから、
エネルギーの振幅と振動は、
生きている限り、続く波です。

心臓が鼓動するのも、
生きているからこそですね。

何事もなく、無事にを願うことは、
心拍を、フラットにして欲しいと、
願うようなことなのかもしれませんね。

まだ手にしていない、
実現したい夢や、
理想の自分があるのだとしたら。

ただでさえ、エネルギーの波がある中で、
さらに、今の自分を変えなければ、
手にすることは出来ないわけですから。

経験したことのないような、
変化や出来事が、次々に起こることは、
むしろ歓迎するべきことですね。

上下に触れる波が、
そのステージを変える時は、
大きな振幅が必要になります。

進化するということは、
激動の中に身を置くということです。
平穏の中にいる限り、
進化出来ることはないでしょう。

むしろ、激動の中にあって、
波ひとつ立たない、水面のような、
穏やかな心を保てるような、
自分自身になることを、
願う。誓う。決意することが。

平穏無事でありますように。
でしょうね。

あなたの心の、しなやかさ、
逞しさ、美しさの、理想とするところですね。

また、波は、全体が同調している時は、
波しぶきの立たない、うねりとして、
振幅していますが。

そこに、別の振幅の波が入ってくると、
波の形が崩れ、波しぶきが起こります。

人間が、異質な波動に触れると、
心乱されるのと同じですね。

人間が、いちばん影響を受ける波は、
自然の波でしょう。

地球も命があり、
人間や動植物が、成長、進化するように、
命のある地球も、進化して当然ですね。

進化の過程では、
人間もそうであるように、
波動が変わります。

今まで受け入れられなかったものが、
受け入れられるようになったりすることが、
波動の変化ですね。

あなたの波動を、
波形を乱すことなく、進化させるには、
自然、地球の波動と同調させることが、
いちばんいい方法ですね。

そこに同調させられないと、
波しぶきが立って、波形が乱されるように、
いつも不安定な、波動に心乱されることになります。

今、地球の波動が変わろうとしているのを、
私は感じています。

それも必然の流れでしょうね。

過去数百年、数千年かけて
徐々に進行していた、自然破壊が、
ここ数十年で、それに匹敵、超えるほどの、
速度で進んでいると言われています。

これだけ短期間に、自然破壊や砂漠化が進み、
地球の生命の危機が進行していれば、
自然も波動を変えるしかないですね。

私も何人もの人のお手伝いをしてきましたが、
例えば、末期ガンから生還するには、
生活習慣はもとより、
思考習慣をも変える必要があります。

ガン因子は、すべての人間が内包していますが、
ガンを発症する部位によって、
性格の特徴があることを、
データを取った医師がいますが。

これは、エネルギーが影響を及ぼす、
人体のことを考えれば、
間違いなく、起こることでしょう。

自然には、人間と違って、
排除の論理はありません。

自らが変わることでしか、
人間の病気が治ることがないのと同じように。

地球が、自らを変えようとするのは、
自然の摂理ですね。

そして、変わった波動によって、
自然治癒、自然淘汰が行なわれます。

どうぞ、地球の波動の変化には、
充分感性を研ぎ澄まして、
敏感になってください。

そして、あなた自身の波動を、
どうぞ、自然の波動に同調させてください。

波動の共鳴は、
これまでも、人間界の奇跡を、
数々生んできていますから。

地球は、奇跡を間違いなく起こすでしょう。

問題は、人類がどうなるかということでしょうね。

(浜本哲治)

 8歳の頃のヘレン・ケラー(左)とアン・サリヴァン(1888年7月)Wikipediaより
8歳の頃のヘレン・ケラー(左)とアン・サリヴァン(1888年7月)Wikipediaより

LINEで送る