ピーター・ドラッカーの名言 Peter Drucker

ピーター・ドラッカー(Peter Drucker)Wikipediaより

いかなる成果もあげられない人の方がよく働いている。
成果の上がらない人は、
第一に、ひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。
第二に、彼らは急ごうとする。
第三に、彼らは同時にいくつかのことをしようとする。

ピーター・ドラッカー Peter Drucker

経営学者 社会学者 1909~2005


いずれも、自然界の原則に沿っていくことですね。

事を確実に早く成就していくには、
ひとつのことに集中して、
無理ではなくチャレンジで、
小さなことを果てしなく積み上げていくことです。

植物たちの活動、チャレンジを見ても、
明らかなことなのですが。

これがいちばん不自然なストレスを感じることなく、
チャレンジを心から愉しめることなのです。

ところが人間は、
できることを積み上げていくことではなく、
ないものをあるように見せかけるような、
無理を安易にしてしまって、
出来上がっていくものまで、
見せかけのような、脆いものを、
創ってしまっています。

そして結果として、
めまぐるしく動き回るほどに、
不自然なストレス、不安や心配ばかりが溜まり、
心身の健康までも損なうことになっています。

急ごうとするほどに、
無理も重ねることになります。

エネルギーは分散させるほどに、
威力は小さくなっていきます。

どうぞ、全てのエネルギーを一点に集中させて、
無理ではないチャレンジを、
夢に繋がる、できる小さなことを、
コツコツと積み重ねていってください。

結局これが、事の成就のための、
最高の最善、最速の方法だと実感し、
常に実践していくことが重要ですね。

人間界には無理を誘う誘惑に溢れています。

ないものをあるように見せかけていくことも、
無理のひとつですからね。

そのことを充分に認識して、
無理を手放し、チャレンジを重ねてください。

これまでに紹介した、ドラッカーさんの言葉です。

力を集中するための第一の法則は、
もはや生産的でなくなった過去のものを捨てることである。

https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?147


情報の目的は知識ではない。
正しい行動である。

https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?219


不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。
無能を並みの水準にするには、
一流を超一流にするよりも、
はるかに多くのエネルギーと努力を必要とする。

https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?276


チャンスとは、ひとつのことに心を集中することによって、
かろうじて見つけることができるものである。

https://meigen.pt-hamamoto.biz/index.php?1597


(浜本哲治)